「TOBE」の将来を背負う「IMP.」の魅力とは? 10月13日には3rdシングル『SWITCHing』配信開始

「TOBE」所属のグループとして注目を集める「IMP.」ですが、まだテレビ出演なども少なく魅力に気づいていない人も多いのでは。ジャニーズ事務所所属のアイドルを多く取材してきた元テレビ局スタッフの筆者が、デビューしたばかりの「IMP.」の魅力を解説します。

「IMP.(アイエムピー)」のデビューシングル『CRUISIN’』(画像出典:Amazon)
「IMP.(アイエムピー)」のデビューシングル『CRUISIN’』(画像出典:Amazon
ジャニーズ事務所元副社長の滝沢秀明氏が設立した芸能事務所「TOBE(トゥービー)」。所属タレントは2023年10月現在、ジャニーズ事務所に在籍していたタレントばかりで、次は誰が移籍するのか常に注目の的となっています。

そんな「TOBE」において、次々と楽曲を配信して存在感を見せているのが7人組の男性アイドルグループ「IMP.(アイエムピー)」です。10月13日には、3rdシングル『SWITCHing』を配信。8月18日リリースのデビューシングル『CRUISIN’』、9月15日リリースの2ndシングル『IMP.』に続き、3カ月連続での最新シングル配信となります。

世界に向けて活躍の幅を広げる「IMP.」について、これまでジャニーズ事務所に所属する歴代アイドルの取材も多くこなしてきた元テレビ局スタッフの筆者が、その魅力に迫ります。

IMP.とは、どういったグループなのか?

「IMP.」は2023年7月14日、TOBEの公式YouTubeチャンネルの生配信にて、同社に所属する新グループとして発表されました。
 

メンバーは元々、ジャニーズJr.内のグループ「IMPACTors」として活躍。2020年7月に滝沢氏がプロデュースし、高いダンススキルや歌唱力などのパフォーマンスが注目されていました。

滝沢氏の秘蔵っ子といわれ、俳優としても活躍していた佐藤新さんをセンターポジションに、基俊介さん、鈴木大河さん、影山拓也さん、松井奏さん、横原悠毅さん、椿泰我さんがメンバーとして活動。「IMP.」は「IMPACTors」のメンバーがそのまま継続して在籍しています。
 

メンバー全員が高いダンスレベル

まず、「IMP.」の魅力として特筆すべきは全員のダンススキルです。メンバーは『滝沢歌舞伎ZERO』などの舞台や、「KAT-TUN」「Hey! Say! JUMP」をはじめとする先輩たちのコンサートでバックダンサーを担当。それぞれのステージで表現力を高め、もともとダンススキルが高かったメンバーはさらに進化を続けました。

ただ、実力はありながらも「IMPACTors」としては正式にメジャーデビューすることはできず仕舞い。だからこそ、「IMP.」に生まれ変わり、怒涛(どとう)のリリースラッシュを続ける今の現状はファンからしたら夢のようで、応援にも力が入りSNSなどで魅力を拡散して知名度アップの手助けをしています。

>次ページ:楽曲は世界基準を目指し、アーティストとしての完成度を高める
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない