人におすすめしたい「東方神起」の楽曲ランキング! 2位『Why? (Keep Your Head Down)』、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「東方神起」に関する独自のアンケート調査を実施。人におすすめしたい「東方神起」の楽曲ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:Amazon)

2003年に韓国で結成、2005年に日本デビューを果たし多くの名曲を生み出してきた「東方神起」。K-POPブームを作り出したグループの1つで、メンバーチェンジなどを経て、2023年には約3年ぶりの全国アリーナ&ドームツアー『東方神起 LIVE TOUR 2023 ~CLASSYC~』を開催したばかりです。

All About ニュース編集部は7月27日~9月12日、全国10~60代の194人を対象に「東方神起」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、人におすすめしたい「東方神起」の楽曲ランキングを紹介します!
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

2位:Why? (Keep Your Head Down)(2011年)

『Why? (Keep Your Head Down)』(画像出典:Amazon)
『Why? (Keep Your Head Down)』(画像出典:Amazon
2位にランクインしたのは、『Why? (Keep Your Head Down)』でした。日本では、2011年1月26日に31作目のシングルとして発売。メンバーの脱退があり、「ユンホ」さんと「チャンミン」さんの2人体制になってから披露された初の楽曲として、ファンの印象も強い作品です。

この曲は、ドラマ『美しい隣人』(カンテレ・フジテレビ系)の主題歌としても採用されました。重低音が気持ちいいゆるやかなダンスミュージックとなっています。

コンサートでは、2人のパワフルなダンスと圧倒的な美声が楽しめる楽曲で、現在でも人気が高い1曲として愛されています。

回答者からは、「楽曲、パフォーマンス共に、東方神起のかっこ良さが際立つ曲だと思っている」(茨城県/50代女性)、「頭の歌詞から口ずさんでしまうほど覚えやすくノリやすく、ダンスの凄さも見てほしい」(大阪府/30代女性)、「曲調がミステリアスでかっこいいから」(広島県/50代女性)といった意見が挙がりました。

1位:どうして君を好きになってしまったんだろう?(2008年)

『どうして君を好きになってしまったんだろう?』(画像出典:Amazon)
『どうして君を好きになってしまったんだろう?』(画像出典:Amazon

1位にランクインしたのは、『どうして君を好きになってしまったんだろう?』でした。日本では2008年7月16日に23枚目のシングルとして発売され、夏をテーマにしたバラードとして大ヒットを記録しました。

美しいメロディーが特徴的な作品で、歌詞は恋人に対して素直な自分の思いを伝えられなかった切ない心情が描かれています。メンバーの抜群のハーモニーを楽しむことができ、2017年にはベスト・アルバム『FINE COLLECTION 〜Begin Again〜』で、ユンホさんとチャンミンさんだけのバージョンも発表。

作詞を手掛けたラムジさんのセルフカバーや、スティーヴィー・ホアンさんが『Make It To The End〜どうして君を好きになってしまったんだろう?〜』として英語詞カバーするなど、さまざまなアレンジを聞くことができます。

回答者からは、「恋をしている人に聞いてほしいから」(岡山県/20代女性)、「日本語が上手い。相当努力したのだと思う。メロディーも良い」(大阪府/30代男性)、「グッと心に響く楽曲なので是非聴いてもらいたいから」(神奈川県/30代男性)といった意見が挙がりました。

>9位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【東方神起のCDやBlu-rayをチェック!】
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化