「東方神起」と共演してほしい日本の女性アイドルグループランキング! 2位「Perfume」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「東方神起」に関する独自のアンケート調査を実施。「東方神起」と共演してほしい日本の女性アイドルグループランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:「Perfume」公式Instagram)

2003年に韓国で結成され、日本では2005年4月に本格的に活動を開始した「東方神起」。2023年には結成20周年イヤーに突入し、ツアーを開催するなど精力的に活動しています。

今後もテレビ番組への出演も多くなりそうで、日本のアーティストとのコラボや共演が期待されるところです。

All About ニュース編集部は7月27日~9月12日、全国10~60代の194人を対象に「東方神起」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「東方神起」と共演してほしい日本の女性アイドルグループランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:Perfume


2位にランクインしたのは、「Perfume」でした。Perfumeは、シングル『ポリリズム』のスマッシュヒットでブレークし、テクノサウンドをベースとした楽曲と、3人の統一感あるシンクロダンスが魅力のグループ。

ワールドツアーを行うなど、世界的にも評価を受けています。東方神起もアジアを中心に活躍しているだけに、2組がコラボすれば高いレベルのパフォーマンスを楽しめそうです。

過去には日本の音楽番組で共演し、さらに韓国のKBSホールで開催された音楽の祭典「The ABU TV SONG FESTIVAL」に2組とも出演。今後も番組などの共演がありそうで、コラボが期待されるところです。

そんなPerfumeは2023年12月30日、31日に横浜市の「ぴあアリーナMM」で「Perfume Countdown Live 2023→2024 “COD3 OF P3RFUM3” ZOZ5」を開催予定。2023年はコンサートを中心に、各地で大活躍しています。

回答者からは、「パフュームの独特なシンクロダンスと東方神起のキレキレのダンスの共演をみたいです」(兵庫県/60代女性)、「実力があるグループ同士でどちらも若い頃から好きだから」(青森県/30代女性)、「Perfumeのダンスと電子的なパフォーマンスが、東方神起の謎めいた雰囲気に合いそうだから」(三重県/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:NiziU

1位にランクインしたのは、「NiziU」でした。ソニーミュージックとJYPの合同オーディション「Nizi Project」を通じて、1万人から選び抜かれた9人組のグローバル・ガールズグループです。

東方神起と同じくアジアや世界進出を目指すグループで、これまで大ヒット曲を連発し同世代を中心に絶大な人気を獲得しています。各メンバーはモデル業などでも活躍し、2023年には千葉市の「ZOZOマリンスタジアム」で初の単独スタジアム公演を開催。

メンバーのダンススキルが高く、東方神起とコラボすれば世界水準のパフォーマンスを見ることができそうです。日本だけでなく韓国でも人気のNiziU。ぜひとも、K-POPブームを作り出した東方神起と本格的に共演するところを見てみたいですね。

回答者からは、「ダンスの上手な子ばかりなので一緒に踊って欲しい」(埼玉県/20代女性)、「歌が上手な2つのグループで曲をミックスしながら歌ってほしい」(滋賀県/20代女性)、「お兄ちゃんと妹みたいでいい感じだから共演して欲しい」(大阪府/30代女性)といった意見が挙がりました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

  
【東方神起のCDやBlu-rayをチェック!】
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」