「東方神起」の好きな楽曲ランキング! 2位『Why? (Keep Your Head Down)』、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「東方神起」に関する独自のアンケート調査を実施。「東方神起」の好きな楽曲ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:Amazon)

2003年に結成、2004年2月に韓国でデビューした「東方神起」。2023年に20周年イヤーに突入し、大きな注目を集めています。

All About ニュース編集部は7月27日~9月12日、全国10~60代の194人を対象に「東方神起」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「東方神起の好きな楽曲」ランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:Why? (Keep Your Head Down)(2011年)

『Why? (Keep Your Head Down)』
『Why? (Keep Your Head Down)』(画像出典:Amazon
2位は『Why? (Keep Your Head Down)』。2011年1月3日に発売されたアルバム『Keep Your Head Down』の先行シングルで、日本語版は2011年1月26日に31作目のシングルとして発売されました。

メンバーの脱退などを経て、「ユンホ」さんと「チャンミン」さんの2人体制になってから披露された初の楽曲。現在のファンからは印象深い作品として愛され、日本ではドラマ『美しい隣人』(カンテレ・フジテレビ系)の主題歌として幅広く聞かれました。

インダストリアルヒップホップをベースとして、重低音を生かしたダンスナンバーで何かを訴えかけるような歌詞も話題に。2人の圧倒的なダンスパフォーマンスや歌唱力を堪能できる1曲です。

回答者からは、「ドラマの主題歌でかっこよすぎて好きになった」(神奈川県/20代女性)、「たまたまYouTubeで見て衝撃を受けました。二人なのに迫力と歌唱力、特に眼力に圧倒されたことを今でも覚えています」(栃木県/50代女性)、「中毒性があってずっと聴いてしまう曲です。力強い楽曲がクセになります」(静岡県/40代女性)といった意見が挙がりました。

1位:どうして君を好きになってしまったんだろう?(2008年)

『どうして君を好きになってしまったんだろう?』
『どうして君を好きになってしまったんだろう?』(画像出典:Amazon
1位は『どうして君を好きになってしまったんだろう?』です。日本では2008年7月16日に23枚目のシングルとして発売され、歌詞を踏襲したドラマ仕立てのMV(ミュージックビデオ)も人気となり大ヒットを記録。

恋人に対して自分の思いを伝えられなかった切ない心情が描かれ、美しいメロディーとメンバーの抜群のハーモニーを楽しめます。

2017年には、ベスト・アルバム『FINE COLLECTION 〜Begin Again〜』にユンホさんとチャンミンさんが2人で歌い直した音源も発表。東方神起を代表する楽曲として、多くの人から票を集めました。

回答者からは、「小学生のときに聞いたはずの曲が今でも心に残っている。二人でこれからも一緒にいるのが当たり前だと思っていたという歌詞に自分の経験が重なる」(滋賀県/20代女性)、「自分が失恋した時に聞いてとても心に刺さったから」(大阪府/20代女性)、「この曲は5人いたときで、日本で知名度のある曲だから」(宮崎県/20代男性)といった意見が挙がりました。

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【東方神起のCDやBlu-rayをチェック!】
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても