おいしいと思う「愛知県」のお土産ランキング! 3位「小倉トーストラングドシャ」、2位と1位は?

All About ニュース編集部が実施した「愛知県のお土産」に関する独自アンケート調査の結果から「おいしいと思う愛知県のお土産」を発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。(サムネイル画像出典:Amazon)

All About ニュース編集部は9月8~14日、全国10~70代の146人を対象に「愛知県のお土産」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「おいしいと思う愛知県のお土産」ランキングを紹介します!

>8位までの全ランキング結果を見る

3位:小倉トーストラングドシャ

3位は「小倉トーストラングドシャ」でした。名古屋名物の小倉トーストをラングドシャとして再現したお菓子です。
「小倉トーストラングドシャ」
「小倉トーストラングドシャ」(画像出典:Amazon
「食感と甘さが絶妙で美味しいから」(20代女性/兵庫県)、「小倉が良い塩梅で甘くておいしいです」(30代女性/千葉県)、「甘みが程よい」(30代男性/岡山県)、「食感もいいし、甘すぎずくどすぎなくて丁度いい。日持ちするし、気軽に食べられる」(30代女性/愛知県)とあんこの甘さが程よくおいしいという声が多く寄せられました。

また、「風味や歯ごたえを楽しむことができたから」(30代女性/富山県)、「サクサクした食感」(30代女性/宮城県)、「多くの人に楽しんでもらえる美味しいお土産だと思うし、サクサクしたラングドシャの食感が良くて食べやすいと思います」(40代女性/東京都)など、サクサクとした食感も人気の理由のようです。

2位:味噌煮込みうどん

2位は「味噌煮込みうどん」でした。愛知県の名物である八丁味噌(みそ)でうどんを煮込んだ郷土料理です。
味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどん
「スープが特に美味しい」(20代女性/埼玉県)、「他では味わえない濃厚な味噌の味を堪能できるからです」(20代女性/愛知県)、「赤みそを食べる機会がないのですが、名古屋に行って食べたらとても美味しくてはまってしまった」(40代女性/静岡県)、「赤味噌の独特な味付けなのですが、クセになる美味しさだと思います」(40代女性/東京都)と愛知県の味噌煮込みうどんの味にはまったという人が多数。

他にも、「たまに無性に食べたくなるから」(20代女性/富山県)、「こってりのうどんが美味しいから」(40代男性/北海道)、「関西のうどんでは味わえない、こってりとコクのあるみそがおいしいから」(40代女性/京都府)と他の地域では味わえないこってりとしたうどんが好きといったコメントも多く寄せられました。

1位:えびせんべい ゆかり

1位は坂角総本舖の「えびせんべい ゆかり」でした! えびの風味が豊かな、130年以上の歴史を持つお菓子ブランドが手掛けるえびせんべいです。
「えびせんべい ゆかり」
「えびせんべい ゆかり」(画像出典:坂角総本舖
「香ばしいエビの味がとっても美味しい」(20代女性/愛知県)、「エビの味の濃さが他になかなかな無いところが美味しいと思うポイント」(20代回答しない/東京都)、「味が濃いところ」(30代女性/京都府)、「ゆかりといえばこの味というようにこの味しかないので美味しい」(30代女性/愛知県)、「えびの風味、味がしっかりして美味しい」(30代男性/愛知県)と、えびの風味が良いというコメントが多く集まりました。

また、「人気になっているもの、実際に食べたことのあるもので風味や歯ごたえを楽しむことができたから」(30代女性/富山県)、「えびせんべいは、とにかく海老の味がぎゅっと詰まっていて最高です。歯ごたえも良く、あと引く美味しさです。他県の方にお土産を渡すなら、えびせんべいで間違い無しです」(30代女性/愛知県)など、その食感や歯応えについても絶賛のコメントも。

さらに、「高速道路SAで色々な種類のえびせんべいを購入するが、食べ始めると止まらないくらいずっと食べ続けてしまいます。本当に美味しいと思う」(40代男性/静岡県)といったえびせんべいが好きな人からもイチオシのコメントが寄せられていました。

以上、おいしいと思う愛知県のお土産ランキングをご紹介しました。今度愛知県に行く機会があれば、ぜひ自分用としても購入を検討してみては。

>8位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」