後れが指摘される、日本の性教育。元小学校教師が考える「問題点」と、学校で教える「意味」

「世界の他の国々と比較すると後れている」といわれる、日本の性教育。教師歴20年以上で子育て・教育の専門家である鈴木邦明先生に、日本の学校現場における性教育の実態と、そこから見える問題点についてお話を聞きました。

国際セクシュアリティ教育ガイダンスによる、5~8歳の学習目標(一部)

<記事に戻る

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化