ヴァンビ、元相方「ゆん」の配達員巡る炎上騒動をネタに? 「めっちゃおもろい」「話題性と視聴者が望むものが見えてる」

登録者1300万人超えのYouTubeチャンネル「spider-maaaaaaan / スパイダーメーン」を運営するYouTuberのヴァンビさんが、自身のXで『使えない配達員』と題したショート動画を公開し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:ヴァンビさんXより)

9月9日に解散を発表したYouTuberコンビ・ヴァンゆんのヴァンビさんが10日、自身のX(旧Twitter)を更新。1本のショート動画を披露し、話題を呼んでいます。
 

【実際の投稿:元ヴァンゆん・ヴァンビが公開したショート動画が話題】
 

『使えない配達員』

ヴァンビさんは投稿で、「『使えない配達員』 これ撮ってる時ずっと爆笑してた笑」とつづり、約30秒のショート動画を添えて公開。動画では、スパイダーマンに扮(ふん)したスパイダーメーンことヴァンビさんが、“立ち入り禁止”のテープを貼った段ボールを背後に移動させますが、何度やっても減らない段ボールの山。実は隣でピカチュウに扮した弟のホープさんが、移動させた段ボールを元の位置に戻していたというコント動画です。
 

ファンからは、「無限段ボール」「いつまで経っても作業終わらないね」「まさかのループww」「めっちゃおもしろい」と、この動画を見て笑ったという人からのコメントが相次ぎました。中には「話題性と視聴者が望むものが見えてる」「ゆんちゃんに向けたやつかと思ったw」「ゆんちゃん『使えない配達員』」と、元相方のゆんさんの名前もちらほら。
 

関連記事:元ヴァンゆんのヴァンビ弟が顔出し“ビジュ爆発”と話題!
 

配達員への発言で大炎上に発展した、ゆんさん

実はゆんさん、9月13日に公開したYouTube動画で、新しい家具を購入し自分と同じくらいのサイズの段ボール3箱が「玄関前に届いた」というエピソードを披露。2人の配達員に「身ごもってて」「せめて(玄関の)中までは運んでくれないかな」「共有部分だからマンションに怒られちゃうし」と話し、配達員の1人は親身になってくれたが、もう1人は「それはお客様の事情ですよね」と、宅内への荷物の運び入れを断られたとのこと。
 

「悲しくなった」「なんでぇ」などと発言し、これが瞬く間に大炎上へと発展。ゆんさんは15日、自身のXで「各方面への配慮に欠けておりました事を猛省しております」と謝罪投稿をしていました。今回、ヴァンビさんが公開したショート動画『使えない配達員』は、ゆんさんの炎上と関連があるのでしょうか? ヴァンゆん解散発表から1週間もたたない間に起きた炎上騒動に関連するネタなだけに、注目を集めそうです。

 


>関連投稿&動画を見る!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」