脚本家・坂元裕二のドラマ&映画で「俳優陣が魅力的だった作品」ランキング! 1位『カルテット』、2位は?

日本を代表する脚本家・坂元裕二さんのドラマ&映画で「俳優陣が魅力的だった作品」ランキング! 全国の男女257人に聞いたアンケート調査結果から、『最高の離婚』、映画『花束みたいな恋をした』を超えた作品とは? (サムネイル画像出典:『カルテット』の公式Instagramより)

日本を代表する脚本家、坂元裕二さんの作品に初出演となる吉沢亮さんと宮崎あおいさん(※崎=たつさき)がダブル主演を務めるほか、吉田羊さん、菊地凛子さんなど個性派キャストが多数出演する最新作映画『クレイジークルーズ』。動画配信サービス「Netflix」で11月16日より世界独占配信されます。

All About ニュース編集部は7月7日〜9月11日の間、全国10〜60代の男女257人を対象に、「脚本家・坂元裕二さんのドラマ&映画」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「脚本家・坂元裕二さんのドラマ&映画で俳優陣が魅力的だった作品」ランキングを発表します!

>8位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:『大豆田とわ子と三人の元夫』(2021年)


2位は、2021年にフジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』。松たか子さん、松田龍平さん、お笑いトリオ「東京03」の角田晃広さん、岡田将生さんがメインキャストを務めました。さらに、市川実日子さん、オダギリジョーさんなど、個性的な実力派俳優も名を連ねました。

回答者からは、「俳優、役が全てが個性的で忘れられない(29歳女性)」「松たか子さんが輝いていた(55歳女性)」「どの俳優も個性的な部分を強調していながらもその演技が自然だった(37歳女性)」「3人の元夫のキャラが憎めないダメ男という感じでとても好きだったので(39歳女性)」「出ている人みんなが、可愛いというか愛おしい感じ(49歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:『カルテット』(2017年)


1位は、2017年にTBS系で放送された『カルテット』。松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんなど、豪華俳優陣の共演に注目が集まりました。また、吉岡里帆さんや、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけしさんなど、脇を固めたキャストの演技も光りました。

回答者からは、「松たか子さんと坂本裕二の組み合わせは神!(41歳女性)」「言っていることはめちゃくちゃだし、実際に居るとあまり好まれないタイプなのにこの役者さんが演じることで何となくアンニュイな雰囲気になってしまって、世界観に飲み込まれてしまった(24歳女性)」「カルテットを組む4人の演技力が圧巻。吉岡里帆の裏が読めない毒がある演技も良かった(44歳女性)」「主演4人が素晴らしかったですが、わきを固める富澤たけしさんと八木亜希子さん、吉岡里帆さん、一生さんの奥さん役の高橋メアリージェーンさんなど、誰一人無駄じゃないほど全てのキャストが良かったと思います(60歳女性)」などのコメントが寄せられました。


>次のページ:8位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは