脚本家・坂元裕二のドラマ&映画で「好きな作品」ランキング! 2位『カルテット』を抑えた1位は?

日本を代表する脚本家・坂元裕二さんが脚本に携わったドラマ&映画で「好きな作品」ランキング! 全国の男女257人に聞いたアンケート調査結果から、松たか子さん主演のテレビドラマ『カルテット』(TBS系)を抑えた1位は? (サムネイル画像出典:『カルテット』公式Instagramより)

日本を代表する脚本家、坂元裕二さんの最新作映画『クレイジークルーズ』が動画配信サービス「Netflix」で11月16日より世界独占配信されることが発表されました。吉沢亮さんと宮崎あおいさん(※崎=たつさき)ダブル主演で展開されるミステリー&ロマンティックコメディーに、早くも大きな期待が寄せられています。

All About ニュース編集部は7月7日〜9月11日の間、全国10〜60代の男女257人を対象に、「脚本家・坂元裕二さんのドラマ&映画」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「脚本家・坂元裕二さんのドラマ&映画で好きな作品」ランキングを発表します! 

>16位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:『カルテット』(2017年)


2位は、2017年に放送された『カルテット』(TBS系)でした。偶然出会った30代の男女4人がカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送る大人のラブ・サスペンスドラマ。主人公の巻真紀(まきまき)を松たか子さんが演じ、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんなど豪華共演者も注目を集めました。

回答者からは、「テンポの良い会話劇でコミカルに見えながらもどう生きていくかを考えさせられるようなシリアスな脚本(24歳女性)」「どんな風にストーリーが展開するか読めず、本筋が気になりながらも四人の関係性、心理描写が台詞に絶妙に落としこまれていて素晴らしかったです(41歳未回答)」「4人の謎の人物が集まってシェアハウスをする様子が奇妙なようでまとまりがあって面白かった(24歳男性)」「4人の関係性と心情の表現の仕方が印象的で好き(32歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:『大豆田とわ子と三人の元夫』(2021年)


1位は、2021年に放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)でした。3度結婚し、3度離婚している主人公・大豆田とわ子を松たか子さんが演じています。松田龍平さん、お笑いトリオ東京03の角田晃広さん、岡田将生さんが演じる3人の元夫たちに振り回されながら奮闘するロマンティックコメディーです。

回答者からは、「最高でした。笑いました。泣きました。ドラマでこんな感情になったことは初めてでした。そのぐらい好きでした(42歳男性)」「出演者の演技力が高く、見ごたえがありました。また、コミカルでありながらも、大人の恋愛や仕事に対する向き合い方を繊細に描いていて、少し不器用な主人公・大豆田とわ子のキャラクターも魅力的でした。ED主題歌のアレンジが各話で異なるところも面白いと思いました(23歳女性)」「年齢的に“いい大人”で、仕事もきちんとこなしているけれども不器用なところを持ち合わせている登場人物たちを、優しい眼差しで描いているところが良い。また、離婚した元夫たちと、家族とも違う大切な関係を築いて寄り添っている様子を肯定的に描いている点にも魅力を感じる(44歳女性)」などのコメントが寄せられました。

>次のページ:16位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」