「眼鏡が似合うと思う」30代の芸能人ランキング! 2位「神木隆之介」、1位は?

All About ニュース編集部は、芸能人の眼鏡に関するアンケート調査を実施しました。この記事では、「眼鏡が似合うと思う」30代の芸能人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『らんまん』の公式Instagram)

今回、All About ニュース編集部は8月3~17日、全国10~60代の377人を対象に「眼鏡が似合う芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「眼鏡が似合うと思う30代の芸能人」ランキングを紹介します。

なお、アンケートを集計した2023年8月時点で30代の芸能人を対象としています。

>24位までの全ランキング結果を見る

2位:神木隆之介


2位にランクインしたのは、「神木隆之介」さんでした。1993年5月生まれの神木さんは、若干2歳で芸能界デビューすると、1999年にはドラマ『グッドニュース』(TBS系)で初めてドラマに出演。その後、NHK大河ドラマや『ムコ殿』(フジテレビ系)など、話題のドラマや映画に多く参加します。

2005年に公開された主演作『妖怪大戦争』では、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。演技力の高さで注目を集め、眼鏡姿も印象的だった『バクマン。』が大ヒットを記録します。声優としても活躍し、『千と千尋の神隠し』『借りぐらしのアリエッティ』をはじめ、『君の名は。』『天気の子』『すずめの戸締まり』など大ヒットしたアニメ映画に多く出演しています。

俳優として国民的な人気をほこる神木さんですが、眼鏡姿といえばauのCMとしておなじみの「意識高すぎ! 高杉くん」シリーズが有名でしょう。現在は、NHKの連続テレビ小説『らんまん』で主演を担当中です。

回答者コメントでは、「端正な顔立ちと落ち着いた雰囲気によく合うと思うから」(北海道/40代男性)、「似合いすぎる。メガネをすると魅力が増す」(大阪府/30代女性)、「CMやドラマでもかけているのを見た事が有りますが、もともとは掛けていたのではと思わせます」(埼玉県/60代男性)といった声が寄せられました。

1位:菅田将暉


1位にランクインしたのは、「菅田将暉」さんでした。1993年2月生まれの菅田さんは、2009年に放送された『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で初出演、初主演として俳優デビュー。ドラマへの出演などを経て、映画『共喰い』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、個性的な演技が注目されます。

ミュージシャンとしても活躍し、『さよならエレジー』『まちがいさがし』『虹』などヒット曲を生み出します。俳優として着実に実績を積み、映画『あゝ、荒野』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、2021年には『花束みたいな恋をした』をはじめ、『キャラクター』『キネマの神様』『CUBE』と立て続けに映画で主演を務めます。

ファッションセンスもあり、モデルとしても人気の菅田さんは眼鏡をかけることが多い芸能人として有名。作品の中で印象的だったのは、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)で演じた柊一颯役です。知性と狂気を感じる芝居を、菅田さんは物語のキーワードにもなった眼鏡で表現しています。

そんな菅田さんは、2023年9月15日に『ミステリと言う勿れ』、さらに2024年1月5日に『笑いのカイブツ』の劇場公開を控えています。

回答者コメントでは、「プライベートでの個性的なファッションをしているのを雑誌で見たことがあるのですが、その際にかけていた個性的な眼鏡のカッコよさに何でも似合ってしまう凄みを感じました」(香川県/40代女性)、「ファッションの1部としておしゃれにメガネをつかいこなしている」(北海道/30代女性)、「髪質的に丸眼鏡などが似合いそう。鼻筋もしゅっとしているので知的なイメージになりそう」(大阪府/20代男性)といった声が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>24位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望