「眼鏡が似合うと思う」60代の芸能人ランキング! 2位「水谷豊」さんを抑えた1位は?

All About ニュース編集部では、独自のアンケート調査を行い芸能人に関するランキングを作成しています。この記事では、「眼鏡が似合うと思う」60代の芸能人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『相棒』の公式Instagram)

今回、All About ニュース編集部は8月3~17日、全国10~60代の377人を対象に「眼鏡が似合う芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。その中から「眼鏡が似合うと思う60代の芸能人」ランキングを紹介します。

なお、アンケートを集計した2023年8月時点で60代の芸能人を対象としています。

>18位までの全ランキング結果を見る

2位:水谷豊


2位にランクインしたのは、「水谷豊」さんです。1952年7月生まれの水谷さんは、子役としてキャリアをスタート。ドラマ『バンパイヤ』(フジテレビ系)で初主演を担当すると、さまざまな作品に出演します。そんな水谷さんは、『傷だらけの天使』(日本テレビ系)への出演でブレーク。さらに、教師役を演じた『熱中時代(教師編)』(日本テレビ系)の主演で国民的な人気を獲得します。

そんな水谷さんと言えば、いまでも人気の高い『相棒シリーズ』(テレビ朝日系)で演じる主人公・杉下右京役が有名。眼鏡をかけてインテリジェンスな雰囲気を漂わせ、鋭い推理で事件を解決する右京が人気となり、2023年10月からは新シリーズの『相棒 season22』がスタート予定です。

近年では眼鏡のイメージが強く、2011年には「第24回日本メガネベストドレッサー賞」で芸能界部門を受賞しています。

回答者コメントでは、「眼鏡をかけることでよりダンディでカッコよく見える」(千葉県/30代男性)、「役でもプライベートでもメガネの印象が強い」(鹿児島県/50代男性)、「相棒の右京さんになってからは眼鏡をかけているお顔が定番です」(神奈川県/40代女性)といった声が寄せられました。

1位:中井貴一


1位にランクインしたのは、「中井貴一」さんでした。1961年9月生まれの中井さんは、父親が俳優・佐田啓二さんで有名です。1981年に映画『連合艦隊』でデビューすると、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞します。演技派俳優として人気を獲得し、1983年に放送された『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)の主演で大ブレークしシリーズ化。その後は、多くの映画やドラマで主演を務めてきました。

NHK大河ドラマ『武田信玄』、『Age,35 恋しくて』(フジテレビ系)、『ザ・トラベルナース』 (テレビ朝日系)など、さまざまなジャンルのドラマに出演しています。映画・ドラマで眼鏡をかけることが多く、「第33回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞。会見では普段でも眼鏡をかけていることを明かし、60本近く保有していると明かしています。

そんな中井さんは、2023年11月から舞台『月とシネマ2023』で主演を務める予定です。

回答者コメントでは、「メガネ次第で演じる役に変化をかけれるだけに、似合う人なんだなと感じました」(埼玉県/40代男性)、「メガネが顔の一部になっている」(大阪府/50代女性)、「大人な男性の魅力がメガネをかけることで引き立っている」(北海道/30代女性)といった声が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>18位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた