マッチングアプリや婚活は、“男性だけ”が有料。ただし、真剣な出会いを求めているとは限らない?

マッチングアプリや、婚活パーティーに参加するアラサー男性に話を聞いた。男性は課金制の場合が多い婚活サービスにおいて、男性たちの「元を取りたい」という心理は、果たして真剣な出会いにつながっているのだろうか…。

婚活男性

マッチングアプリでは、女性は完全無料、男性は課金制であるケースが多い。ゆえに、男性たちは「せっかくお金を払ってるんだから、元を取りたい!」という心理になるのではないだろうか。今回はマッチングアプリや、婚活パーティーに参加するアラサー男性に話を聞いた。「元を取りたい」という心理は、果たして真剣な出会いにつながっているのだろうか……。
 

マッチングアプリではメッセージ2通目以降が「有料」の場合もある

多くのマッチングアプリは、登録して相手とマッチングするまでは完全無料であるが、メッセージのやりとりは男性が有料会員でないとできない仕組みになっている。実際に女性に会うためには、男性は必ず有料会員になる必要があり、料金相場は1カ月当たり4000~5000円ほどだ。
 

29歳の時、3カ月で1万円弱のマッチングアプリに登録

「マッチングアプリは、真剣な出会いを求めて……というよりかわいい子がいればいいな、という軽い気持ちで始めました。料金は3カ月で1万円弱だったので、まぁ、3カ月限定でたくさん会おう~って」
 
こう話すのは、タケルさん(32歳)だ。彼は29歳の時に初めてマッチングアプリを使い、結婚相手であるナツコさんと出会った。
 
「3カ月の間に、多くの女性と会いました。デートもしたけれど、そこまで真剣な交際に至る人はおらず……。正直、体だけの関係になった人もいます」
 
登録した当初、いつかは結婚したいと思っていたものの、アプリで真剣に婚活しているという意識はなかったという。


>次のページ:課金=真剣に相手を探している、というわけではない
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在