韓国エンタメ初心者もハマる一方で……案外冷静なK-POPファンも!? 私たちが「NewJeans」に“ザワつく”理由

2023年も勢い止まらぬ「NewJeans」。今までK-POPに親しんでこなかった人でもハマる人が増えている中、古くからのファンでNewJeansにどハマりしてる人は意外に少ない? との声も……。どうして私たちはNewJeansにザワつくのか、その理由について考えます。※サムネイル画像:Mydaily/アフロ

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし!
 
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク

#25もNewJeansをフィーチャー。10月から年末にかけての来日も決定、まだまだ「ニュジ旋風」は吹き止まぬ予感! 2023年のK-POPシーンを語るのに欠かせない存在となった彼女たち、なぜ多くの人が“気になってしまうのか”、“語りたくなってしまうのか”、その理由について考えてみました。

【前回の記事「何かと話題の新K-POPグループ『NewJeans』入門編」(#24)はこちら
 

長年K-POPを追っている人は意外と冷静!?

写真:Mydaily/アフロ
写真:Mydaily/アフロ


編集担当・矢野(以下、矢野):少し時間がたってしまいましたが、「SUMMER SONIC 2023」はいかがでしたか? NewJeans、しっかり見られましたか?

K-POPゆりこ(以下、ゆりこ):しっかり堪能しました! 「Lollapalooza 2023」と同じ構成で来るか? と予想していたのですが曲順が違いましたし、生楽器のバンドと出てきたところは共通しつつも、アレンジが少し違ったように思います。そしてMCは全部日本語! それは驚きました。

矢野:ちゃんと日本向けに練られていたのですね。しっかり言葉もその土地に合わせてくるのはさすが。新しい風を吹かせつつ、これまでの先輩K-POPグループの伝統(?)も踏襲していると。サマソニで一層ファンが増えたことでしょうし、また日本にも来るんですよね?

ゆりこ:10月にも「Coke STUDIO SUPERPOP JAPAN 2023」で来日しますしね。年末には埼玉・ベルーナドームで「Music Bank Global Festival 2023」の開催が決定しまして、出演者ラインアップにNewJeansの名前がありました。まだまだ今年の下半期は日本で彼女たちを見るチャンスがありそうです。

矢野:勢いがすごい。ハマる人とそうでない人が混在しつつも、周りのK-POPや音楽に関心がある人たちが1度は話題にする存在。これまで韓国エンタメに親しんでこなかった層にも響いているように思います。

ゆりこ:これは最近、10年以上K-POPを追っている仕事仲間がふと漏らした言葉なのですが「古くからのK-POPペン(※ペンは韓国語で「ファン」の意)でNewJeansにどハマりしてる人、意外に少なくないですか?」って。それでいうと私は“例外”になっちゃうものの、そういう傾向も否定できないなと思いました。周りを見渡すと昔から一緒に東方神起やBIGBANGを追っていた仲間はNewJeansには案外冷静(笑)。

矢野:それはつまり、NewJeansの曲が「従来のK-POPっぽくないから」ってことなんですかね。もはや「K-POPとは」っていう定義がめちゃくちゃ難しくなっていますが……。


>次ページ:NewJeansは「ゲームチェンジャー」たりうる。が……

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」