甘酒を凍らせてアイスカフェオレに!? マルコメ「プラス糀 糀甘酒」のひんやりメニュー3品を作ってみた

昔から「暑気払いの飲み物」として親しまれてきた甘酒。冷やしても温めてもおいしく飲めるので、料理やデザートにも活用できるんです。今回はマルコメ「プラス糀 糀甘酒」を使って、公式Webサイトに掲載されている夏レシピを実際に作ってみました!

風味豊か! 暑い日の一品に「糀甘酒豆乳ビシソワーズ」

主な材料はじゃがいも、玉ねぎ、水、顆粒コンソメ、バター、「プラス糀 糀甘酒LL 豆乳ブレンド」
主な材料はじゃがいも、玉ねぎ、水、顆粒コンソメ、バター、「プラス糀 糀甘酒LL 豆乳ブレンド」

最後は、朝食やランチ、夜ご飯の一品にもなる料理系をチョイスしました。じゃがいもの冷製スープ「ビシソワーズ」。一般的なレシピではブイヨンスープで煮た後に生クリームを入れるのですが、ここでは糀甘酒の豆乳ブレンドを使用。ワザありのアレンジです。
 
バターで玉ネギやじゃがいもを炒めて柔らかくなるまで煮たら、「プラス糀 糀甘酒LL 豆乳ブレンド」とコンソメなどを入れてミキサーで滑らかに。あとは冷やすだけ!
 
糀甘酒豆乳ビシソワーズ
糀甘酒豆乳ビシソワーズ

じゃがいもでとろみがついたスープはバターが効いていてシチューを思わせるような味わい。コクのある糀甘酒豆乳ブレンドが滑らかに溶け込んでいて、全体を風味豊かに仕上げています。カリッと焼いたバゲットを合わせても良さそう!
 
 「プラス糀 糀甘酒」は開封後、賞味期限にかかわらず2~3日を目安に飲み切る必要がありますが、こうしたアレンジレシピを知っておくと最後までしっかり使い切れますね。マルコメの公式サイトにはメインから副菜、デザートまで、砂糖代わりの発酵甘味料として糀甘酒を使ったレシピが多数紹介されています。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


この記事の筆者:田窪 綾 プロフィール
調理師免許を持つフリーライター。総菜店やレストランで8年ほど勤務経験あり。食分野を中心に、Webや雑誌で取材やインタビュー記事作成、レシピ提案などを行う。


<最初から読む

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】