【ラー博】“二代目”ではない「げんこつ屋」が16年ぶりに! 1994年当時の白湯×和風のWスープを再現

新横浜ラーメン博物館の「あの銘店をもう一度“94年組”」第3弾として「名代ら~めん げんこつ屋1994」が2023年7月20~10月22日まで出店。1994年当時の白湯×和風のWスープを再現します。

16年ぶりに「げんこつ屋」が復活

関川さん親子

今回は「二代目げんこつ屋」ではなく、満を持して「げんこつ屋」として復活。実に16年ぶりとなります。

匤仁さんは「"げんこつ屋"として恥ずかしくない味を提供します。この16年、親父に追いつこう、追い越そうといろいろ考えました。が、肩ひじ張らずにシンプルに"親父の志と味を伝える"という思いをもって臨みたい」と意気込みを語っています。

関川さんが研究に研究を重ねて編み出した料理としてのスープ、ソフトでもちもちとした食感ながらコシのある多加水麺、フレッシュさを大事にしたチャーシュー、94年当時と同じスープにふたするくらいの量を使う脂。94年当時の「げんこつ屋」のラーメンをラー博で味わってください。

「あの銘店をもう一度」情報

期間:2022年7月1日~約2年間(銘店シリーズ各店約3週間/94年組シリーズ各店約3カ月)
場所:新横浜ラーメン博物館
期間中出店数:約40店舗(現店舗除く)
第19弾:京都「新福菜館」7月18日~8月7日
“94年組”第3弾:「名代ら~めん げんこつ屋1994」7月20日~10月22日
第20弾:アメリカ・NY「YUJI RAMEN」8月8日~28日
第21弾:福岡・博多「ふくちゃんラーメン」8月29日~9月18日


田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。


>最初から読む
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】