ヤバっ! 青いスープのカップ麺、横浜にオープンした「ラー博スゴメンラボ」で作って食べてみた

新横浜ラーメン博物館にオリジナルのカップラーメンが作れる「ラー博スゴメンラボ」が2023年4月25日にオープン。青いスープの“ヤバい”カップ麺を作って食べてみました。見た目はヤバいですが、味は鶏しおスープ。麺はあっさり、パツっとした食感です。

新横浜ラーメン博物館内に「ラー博スゴメンラボ」がオープン
新横浜ラーメン博物館内に「ラー博スゴメンラボ」がオープン

新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博)が、30周年プロジェクトの第2弾として、オリジナルのカップラーメンが作れる「ラー博スゴメンラボ」を2023年4月25日にオープン。内覧会に参加してきましたので、どんなカップ麺が作れるのか、リポートします(画像は筆者撮影、一部提供)。

 

「ラー博スゴメンラボ」ってどんな施設?

ラー博スゴメンラボ 外観

「ラー博スゴメンラボ」は、かつてない新発想のオリジナルカップラーメンを、その場で作り持ち帰ることができる"オリジナルカップラーメン製作所"。2024年の開館30周年に向けて進行中の「あの銘店をもう一度」に続く30周年プロジェクトの第2弾として、ラー博内にオープンしました。

ガラス張りのラボの中でカップラーメンを作る様子を見学できます
ガラス張りのラボの中でカップラーメンを作る様子を見学できます

来場者が製作者となり、5種類の麺・約20種類の具材・10種類のスープ・2種類の容器・ふたを自由に組み合わせ、かつてない新発想のオリジナルカップラーメンを作ることができます。

そのまま使えるデザインと自身のスマホの画像を使うフレームから選べます
そのまま使えるデザインと自身のスマートフォンの画像を使うフレームから選べます

しかも、ふたは57種類のデザインから選べます。自身の携帯に保存されている写真をパッケージに取り入れることも可能です。

青いスープなど“ヤバい”ラーメンが作れる!?

好きな麺、具材、スープをチョイス
好きな麺、具材、スープをチョイス

「ラー博スゴメンラボ」で使用する、麺、スープ、レトルトなどの一部具材は、カップラーメン「凄麺」ブランドを販売するヤマダイ(茨城県結城郡)の協力を得て実現しました。


凄麺ブランドは、"専門店に負けない麺・カップ麺を超越する存在"として20年以上愛されている、ヤマダイの技術と思いがつまったノンフライ麺ブランドで、全国各地のご当地の味を再現したカップ麺シリーズを展開しています。


「ラー博スゴメンラボ」で用意されているのは、「茹で立ての麺のおいしさ」にこだわったノンフライ独自製法による5種類の麺(細麺、中細麺、平打麺、太麺、極太麺)。


スープは全国のスープの味を再現してきた技術を活かした6種類(煮干醤油、あっさり醤油、さっぱり塩、濃厚味噌、とんこつ醤油、濃厚豚骨)と、今回のために開発された「ヤバいラーメンシリーズ」4種類の中から選べます。


「ヤバいラーメンシリーズ」には、青(鶏しお味)、黒(イカスミちゃんぽん味)、赤(うま辛味)、白(ミルクみそ味)と、市販のカップ麺ではあまり見られない色をしたスープをラインアップ。


その見た目にはちょっと驚きますが、味はどれも本格的とのこと。食べてみたい衝動に駆られるではありませんか!

 

時代の最先端を行く、真空フライ具材

「たこさんウインナー」はラー博の若手社員が「あったらヤバイ」具材として提案したもの
「たこさんウインナー」はラー博の若手社員が「あったらヤバイ」具材として提案したもの

驚くのは“ヤバい”スープだけではありません。これまでのカップラーメンでは見たことのない、たこさんウインナーや納豆などの具材も用意されています。これらはアトラステクノサービス(兵庫県神戸市)の持つ真空フライヤーによって加工された製品で、そのままスナックとしても食べられます。


圧力を下げた真空下では沸点が大きく下がるという原理を生かし、できるだけ地域の素材にこだわった食材を低温の油で揚げ、素材の色や風味をそのままに、栄養価を損ねずうまみを詰め込んでいます。


具材は真空フライ具材、レトルト具材があり、たこさんウインナー、角チャーシュー、中華あんかけ、ワンタン、ハンバーグ、納豆、オクラ、ジャガイモ、チンゲンサイ、キャベツ、丸ニンニクなど、約20種類が用意されています。


>次ページ:青いスープのラーメンを作って食べてみた!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化