山寺宏一が演じていると聞いて「驚いたキャラクター」ランキング! 1位は「ドナルドダック」、2位は?

All About編集部は、「山寺宏一さん」に関するアンケート調査を実施。この記事では「山寺宏一さんが演じていると聞いて驚いたキャラクター」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:山寺宏一さんの公式Twitterより)

声優、タレントとして活躍する山寺宏一さんは、これまでアニメから映画の吹き替えなどさまざまな役を演じてきました。「七色の声を持つ男」といわれ、現在も第一線で活躍中です。

今回、All About編集部は6月26日~7月6日、全国10~70代の500人を対象に「山寺宏一さん」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「山寺宏一さんが演じていると聞いて驚いたキャラクター」ランキングを紹介します。


>20位までの全ランキング結果を見る
 

2位:めいけんチーズ(それいけ! アンパンマン)

2位は『それいけ! アンパンマン』に登場する「めいけんチーズ」です。幅広い世代に愛されている同作の中で、主要キャラクターとして人気なチーズ。ジャムおじさんのパン工場に住んでいる犬で、人間の言葉をよく理解し、さまざまな形でアンパンマンたちをサポートします。

チーズがメインで活躍する話もあり、現在も高い人気を獲得しています。そんなチーズは、他のキャラクターと違い基本的には犬の言葉しか話せません。山寺さんは、卓越した技術でチーズの感情を表現しています。言葉を話していないだけに、売れっ子の山寺さんが声優を担当していたことに驚いた人がいたのかもしれません。

アンケートの回答者コメントでは、「初めて知った時はビックリした」(大阪府/30代女性)、「山寺さんの普段の声からかけ離れすぎているため」(神奈川県/20代男性)、「チーズは長年聞いてきた親しみがある声なのに、山ちゃんの声だとずっと気づくことができなかった」(愛知県/20代女性)といった声が寄せられました。

1位:ドナルドダック

1位は、ディズニー関連の作品に登場する「ドナルドダック」です。ディズニーの仲間たちの中でも、1、2位を争う人気者のドナルドダック。世界的に有名なキャラクターで、山寺さんは1989年から日本語吹き替えを続けています。

負けず嫌いで感情表現が豊かなドナルドダックは「グワ、グワ」と独特な話し声が特徴的。山寺さんはインタビューで「最も難しい役」と明かしています。なじみがあるドナルドダックですが、普段の山寺さんの声とはかけ離れていて、知らないファンも多いようです。

アンケートの回答者コメントでは、「あまりディズニー作品を見ないので、このアンケートで初めて知りました」(山口県/20代男性)、「合成音声か何かだと思っていたから」(東京都/30代女性)、「エンドロールを観て初めて分かった」(神奈川県/50代男性)といった声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>20位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」