世界を知れば日本が見える 第26回

「Twitter殺し」の声も……メタ社はなぜ新SNS「Threads」を急いでリリースしたのか

メタ社が新しいSNS「Threads(スレッズ)」を正式リリースした。ツイッター社のイーロン・マスク氏もローンチ前から反応していたが、アメリカではどのように報道されているのだろうか。このタイミングで急いでリリースした理由とは。

アメリカで「Threads」はどう報道されている?

ちなみにThreadsのダウンロードが開始された後、アメリカのニュースではThreadsが「Twitter殺し」のアプリなどと紹介されたこともあって、ザッカーバーグ氏が2012年1月から約10年ぶりにツイートを投稿した。

そこにはメッセージはなく、2人のスパイダーマンが指をさし合いながら、「どっちが本物だ」というイラストが貼り付けられていた。
 

おそらく実際に格闘技でケージ戦が行われる可能性は低いが、Twitter VS Threadsの場外での戦いの火ぶたは切って落とされた。
 

X社がメタ社を訴える可能性も?

Threadsは見た目や仕様がTwitterに似ているといわれているが、使ってみても確かにそう感じさせる部分が多い。そんなことから、X社はメタ社がTwitterのスタッフを引き抜いて雇い、知的財産を侵害しているとの主張を始めている。もしかしたら、司法の場でも両者が戦うことになるかもしれない。

ThreadsのUI

メタ社はThreadsにかなり期待を寄せている。ここのところ良いニュースがなかった同社にとっては、救世主になると見ているかもしれない。
 

Facebookが最近、広く世間的に叩かれたのは、2016年のアメリカ大統領選でロシア情報機関のFacebookなどSNSを使った介入工作に使われたとして槍玉に挙げられた件だ。アメリカ議会からもプレッシャーを受け、アカウントやコンテンツの管理に批判が上がっていた。
 

2020~2021年のアメリカ大統領選でも、当時のトランプ大統領が連邦議会襲撃事件を扇動するような文章をSNSで投稿したことでTwitterアカウントが凍結されたが、Facebookはいつまでも凍結しなかったことで叩かれた。
 

そして2021年10月には、社名をフェイスブックから、仮想世界のメタバースを先導する企業になるために、メタに変更した。ところが、メタバースが思うように普及せず、事業自体が下火に。結局、2022年だけでメタバース事業が137億ドル以上の赤字を生み出し、同年11月から2万人以上の従業員をレイオフする事態になっている。
 

>次ページ:ザッカーバーグ氏に感じる“ジレンマ”
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応