意外と知らないグルメのひみつ 第37回

卵のMサイズとLサイズはどう違う? どっちの方がお得? 品薄状態の今知っておきたい「卵の選び方」

スーパーで卵を買う際、時々見かける卵の大きさの表示。値段も異なる場合がありますが「S・M・Lでどう違うんだろう」と思ったことはありませんか? じつはこのサイズは卵白量の違いで、卵黄はどれも同じ大きさなんです。どうしてサイズに違いが出るのか、どう買い分ければいいのかを解説します!

スーパーで卵を買うとき、皆さんはどう選んでいますか? 価格? 卵の大きさ? 実は「Mサイズ」「Lサイズ」などの違いは卵白の量だけで、卵黄はどれも同じサイズなんです。どう買い分ければいいのか、そもそもどうしてサイズに違いが出るのか、調理師免許を持つグルメライターの筆者が詳しく解説します! 
 

卵の「卵黄(黄身)」はどのサイズでも一緒!

現在は鳥インフルエンザの影響で卵自体が品薄になっていることもあり、サイズが混在した「ミックス卵」もよく見かけるようになっています

卵のサイズは農林水産省が定めた規格があり、SS~LLまで重さ別で6種類に分けられています。

一般的に、スーパーの店頭に並んでいるのはMまたはLサイズが多いですよね。規格ではMサイズが58グラム以上64グラム未満のもの、Lサイズならば64グラム以上70グラム未満と決まっています。
 

卵のMサイズとLサイズは「卵白の量」が違う


ただ、ここで違うのは卵白(白身)の量だけ。卵黄(黄身)の部分はどのサイズでもおよそ20グラムと、ほとんど変わらないんです。

栄養面で見ると、卵白は約9割が水分で残りのほとんどはタンパク質。一方で卵黄は約5割が水分で、その他にタンパク質や脂質、リジンやメチオニンなどの必須アミノ酸も含まれています。「Lサイズだから栄養価も高い」というわけではないんですね。


>次のページ:卵のMサイズとLサイズ、お得なのはどっち?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても