渋谷・原宿の行列店「東京たらこスパゲティ」が横浜に初出店! 女性を魅了する“進化系”スパゲティとは

渋谷&原宿の行列店「東京たらこスパゲティ」が、2023年6月30日に相鉄ジョイナス「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」にオープン。同店オリジナルの進化系たらこスパゲティが人気です。

東京・渋谷&原宿で人気の「東京たらこスパゲティ」が、2023年6月30日に相鉄ジョイナスのFOOD&TIME ISETAN YOKOHAMAにオープンします。オープンに先立って開催された試食会に参加し、ここでしか食べられない「進化系たらこスパゲティ」を食べてきました!(画像は筆者撮影)

頑張る女性を応援「東京たらこスパゲティ」

FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMAに「東京たらこスパゲティ」がオープン
FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMAに「東京たらこスパゲティ」がオープン

「東京たらこスパゲティ」を運営するのは、とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社・フィルドテーブル。「頑張る女性を応援したい」という思いで、女性が1人でも利用しやすい和食ファストフード店を目指し、2020年1月に渋谷店、7月に原宿表参道店、2022年4月に南池袋店をオープンしました。

タピオカ粉を使用したもちもちの生パスタに「お出汁」をかけて食べる、新しいスタイルの「たらこスパゲティ」が10代後半の女性にウケており、1号店がオープンしてから3年以上経過した現在も連日行列ができています。

和のテイストを施した店内
和のテイストを施した店内

横浜店は4号店として、6月30日に相鉄ジョイナスのFOOD&TIME ISETAN YOKOHAMAにオープンします。店内は和のテイストを施した柔らかく明るい雰囲気で、席数は26席(カウンター10席 テーブル8卓16席)です。

若い女性にウケた「炙りたらこのお出汁スパゲティ」

炙りたらこのお出汁スパゲティ(税込1089円)
炙りたらこのお出汁スパゲティ(税込1089円)

同店の人気メニューの1つが「炙りたらこのお出汁スパゲティ」(税込1089円)。たらこを絡めたもちもち生パスタの上に、炙りたらことプチプチとした食感が楽しいとびこ、さらには大葉、みょうが、しその実、のり、ゴマ、青ネギなどの薬味がたっぷりトッピングされています。

生パスタには国内産硬質小麦「ルルロッソ」を使用
生パスタには国内産硬質小麦「ルルロッソ」を使用

生パスタには、希少な国内産硬質小麦「ルルロッソ」を使用。小麦の風味が力強いのが特徴です。この小麦にブレンドしているのがタピオカ粉。「お出汁スパゲティ」を食べ終わるまでもちもちの食感を楽しめるよう開発された、同店オリジナルの生パスタです。

自家製の明太子は、毎日店舗で手作業で仕込んでいるとのこと。ぷちぷち食感、爽やかな辛み、柑橘の風味を大切にしています。

急須に入ったアツアツの「お出汁」
急須に入ったアツアツの「お出汁」

「お出汁」は、かつお節と昆布の合わせ。豊かな香りとうま味が際立っています。隠し味としてほんのりしょうがを効かせているそう。作り置きはせず、1日5~6回にわけてこまめに出汁を取っているそうです。


>次ページ:「炙りたらこのお出汁スパゲティ」おすすめの食べ方は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在