「バラエティ番組をよく見るテレビ局」ランキング! 2位「フジテレビ」、1位は?

All About編集部は5月29日~6月2日、全国10~70代の男女500人を対象に「テレビ局」に関する独自のアンケート調査を実施。「バラエティ番組をよく見るテレビ局」ランキングで1位に選ばれたのは?

全国500人に聞いた、「バラエティ番組をよく見るテレビ局」ランキング

最近は見逃し配信サービスの普及で、視聴形態が変わってきているテレビ番組。そんな中でも、高い人気を誇っているのがバラエティ番組です。芸人からアイドル、俳優までさまざまな芸能人が出演し、多くの視聴者が番組を見ています。
 

All About編集部は5月29日~6月2日、全国10~70代の男女500人を対象に「テレビ局」に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「バラエティ番組をよく見るテレビ局」ランキングを紹介します。
 

>6位までの全ランキング結果を見る
 

2位:フジテレビ

2位には、「フジテレビ」がランクインしました。かつて「楽しくなければテレビじゃない」というスローガンを打ち出し、数多くの伝説的なバラエティ番組を放送してきた同局。『オレたちひょうきん族』をはじめ、『とんねるずのみなさんのおかげです。』『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、多くの人が放送時に1度は見たことがある番組も多いのではないでしょうか。
 

そんなフジテレビでは長寿番組も多く、コントからクイズ、スポーツなどさまざまなジャンルのバラエティ番組を放送中。2023年現在人気を得ているのが、日曜日に放送中の『千鳥の鬼レンチャン』です。「サビだけカラオケ」などのコーナーが人気で、出演しているお笑い芸人の千鳥やかまいたち、ダイアンは7月22、23日に放送予定の『FNS27時間テレビ』で司会を担当します。
 

また、土曜日に放送されている『新しいカギ』など、若い世代に人気が高いバラエティ番組を多く放送しています。
 

回答者からは「バラエティといえばのイメージがあるから」(東京都/40代男性)、「『ホンマでっかTV』や『お笑い向上委員会』が好きだから」(岡山県/20代女性)、「長寿のバラエティ番組が多い 安心して見られるものが多い」(兵庫県/50代女性)といった声が寄せられています。
 

1位:日本テレビ

1位には、日本テレビがランクインしました。最も歴史のある民放テレビ局で、人気番組が多くNHK以外では「個人三冠」を12年連続で死守し続けています。これまで『マジカル頭脳パワー!!』や『進め!電波少年』『エンタの神様』など、テレビの歴史を変えるような伝説的な番組を放送。
 

現在でも高視聴率を記録する長寿番組が多く、特に日曜には『笑点』『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』などが勢ぞろいしています。
 

新しいバラエティのフォーマットを作ることにも定評があり、変わった一般人を取り上げる『月曜から夜ふかし』、大盛りグルメを紹介する『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』など、幅広い世代から人気を集めているバラエティ番組を放送しています。
 

回答者からは「有吉の壁が好きだから」(滋賀県/40代女性)、「有吉さんが好きで、有吉さんの出る番組が多いから」(愛知県/30代男性)、「TVerで後から見ることが多いがそれも日テレ系列の番組」(北海道/30代女性)といった声が寄せられています。
 

>6位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」