「好きなテレビ局」ランキング! 2位「NHK」を抑えた1位は?

All About編集部は5月29日~6月2日、全国10~70代の男女500人を対象に「テレビ局」に関する独自のアンケート調査を実施。「好きなテレビ局」ランキングで1位に選ばれたのは?

全国500人に聞いた、「好きなテレビ局」ランキング

最近では、TVerなどでも視聴できるようになったテレビ番組。皆さんそれぞれ、お気に入りの放送局があるのではないでしょうか。

All About編集部は5月29日~6月2日、全国10~70代の男女500人を対象に「テレビ局」に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きなテレビ局」ランキングを紹介します。
 

>5位までの全ランキング結果を見る
 

2位:NHK

2位は、「NHK」でした。公共放送を担うテレビ局で、正式名称は「日本放送協会」。CM(コマーシャル)がない代わりに視聴者の受信料で成り立ち、「公共の福祉のために全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送サービスを行うこと」を使命に掲げています。
 

潤沢な制作費を基に良質な番組を多く制作し、『NHK NEWS おはよう日本』『NHKニュース7』『ニュースウオッチ9』などニュース番組を中心に定評があります。また、ドラマでも2023年現在『らんまん』を放送中の「朝ドラ」ことNHK連続テレビ小説や、『どうする家康』が人気を集めているNHK大河ドラマなどが有名。他にも『ブラタモリ』でおなじみのバラエティから、『NHK紅白歌合戦』をはじめとする音楽番組など、日本を代表する人気番組を多く制作しています。
 

全国に支局を持ち、ご当地に密着したニュース番組などでもおなじみ。民放テレビ局にはない、さまざまな人に合わせた番組作りを続けています。
 

回答者からは「なんだかんだ情報の質が高く番組のつくりが良いので」(兵庫県/30代女性)、「報道番組やニュース番組などの伝え方が好きだから。アナウンサーやキャスターがしっかりしていると思います」(広島県/60代男性)、「子供番組をみるため。面白い企画が多い」(静岡県/30代女性)、「海外のものも含めドキュメンタリーを好んで見ている。うるさくなく映像もきれい」(高知県/40代男性)といった声が寄せられています。
 

1位:日本テレビ

見事1位にランクインしたのは、「日本テレビ」でした。1953年8月28日に放送を開始し、日本では民放テレビ局として最も長い歴史を誇ります。これまで『プロ野球』や『プロレス』などのスポーツ中継をはじめ、ニュースからバラエティ、ドラマなど多くの心に残る番組を放送。
 

2022年には、年間個人視聴率「三冠」を達成し、民放テレビ局の個人3冠を12年連続で死守し続けています。長い歴史を持つ『笑点』や朝の情報番組としておなじみの『ZIP!』、さらにチャリティー番組として人気の『24時間テレビ』など現在も注目度の高い番組を多く制作しています。

これまで数々の人気アナウンサーを輩出した放送局としても知られ、現在も水卜麻美さんや藤井貴彦さんなどが活躍。常に注目を集め、民放テレビ局を代表する存在として票を獲得しました。
 

回答者からは「朝の情報組をよく見るし、バラエティも面白い」(埼玉県/30代男性)、「イッテQなどのような家族で楽しめる番組が多い」(茨城県/10代男性)、「長寿番組が多くて安定しているから」(大阪府/20代女性)、「堅苦しくなく、緩すぎないところが丁度いい」(京都府/40代女性)といった声が寄せられています。


>5位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?