「千葉県出身」の好きな芸能人ランキング! 1位は「マツコ・デラックス」、「相葉雅紀」は何位?

出身地をアピールする芸能人は多く、親善大使など仕事につながることもあります。そんな芸能人と出身地について、All Aboutニュースではアンケート調査を実施しました。今回は「千葉県出身」の好きな芸能人ランキングを紹介します。

All About編集部は4月6~21日、全国10~70代の467人を対象に「千葉県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「千葉県出身の好きな芸能人」ランキングを紹介します。
 

>15位までの全ランキング結果を見る

 

3位:相葉雅紀(嵐)

3位は嵐の相葉雅紀さんです。相葉さんは千葉県千葉市花見区出身で、実家が中華料理店を経営していることはファンの間でおなじみ。そんな相葉さんは、2019年に台風で大きな被害を受けた県内の被災者に向け、嵐がかかわるチャリティーイベントで集まった義援金を千葉県に託し、ニュースになりました。
 

また、冠番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)では、千葉県で旬の食材を食べ尽くすロケを実施。地元を愛する有名人として、県民からも親しまれています。
 

回答者からは、「真っ先に思い浮かぶし、いいイメージしかない人気者だから」(30代女性・東京都)、「人柄のよさが好きだから」(20代女性・長野県)、「千葉県愛をメディアでも公言している」(30代女性・千葉県)、「いつも笑顔で癒される」(30代女性・静岡県)、「昔から千葉の話をよくしている」(30代女性・京都府)などの意見が寄せられました。
 

2位:水卜麻美

2位は、日本テレビアナウンサーの水卜麻美さんです。千葉県市川市出身の水卜さんは、千葉市美浜区にある進学校・渋谷教育学園幕張高校の出身。日本テレビに入社してから、これまで数多くの人気番組を担当し、現在は『ZIP!』の総合司会を務めています。
 

水卜さんは番組でもたびたび千葉県出身であることを公言していて、2021年には『ZIP!』内の企画「ミトmeets」で千葉県の熊谷俊人知事にインタビューを行っています。
 

回答者からは、「何事にも一生懸命でいつも明るく振る舞っているので好感がもてる」(40代女性・新潟県)、「ZIP!を毎日見ていて、癒やされるから」(30代女性・山口県)、「ハキハキとしていて裏表がないイメージ」(30代女性・千葉県)、「好感度が高いから」(30代女性・東京都)、「高校が近くて親近感がある」(40代男性・東京都)などの意見が寄せられました。
 

1位:マツコ・デラックス

1位には、マツコ・デラックスさんがランクインしました。千葉県千葉市稲毛区出身のマツコさんは、コラムニストやタレントとして大活躍中。現在も多くのレギュラー番組に出演中で、歯に衣(きぬ)着せぬ発言が人気です。
 

そんなマツコさんは、自身が千葉県出身であることを番組でネタにしています。過去に『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)では、愛のある千葉県いじりを展開。また、司会としてレギュラー出演している『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも、千葉県の話題が出ると辛辣(しんらつ)な意見を述べることが多くなっています。
 

回答者からは、「ズバズバ言ってくれるの好きだから」(30代女性・群馬県)、「関東圏のおもしろい話を自身の番組などでおもしろおかしく話しているから」(50代女性・滋賀県)、「個性的でユニークな人柄が好き」(20代男性・埼玉県)、「地元がほぼ一緒で親近感」(20代女性・東京都)、「一般人目線でズバズバとコメントしてスッキリする」(30代女性・北海道)などの意見が寄せられました。


>15位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
実は「千葉県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「山下智久」、1位は?
実は「福岡県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「池田エライザ」、2位「浜崎あゆみ」、1位は?
さすが「千葉県出身」だと思う芸能人ランキング! 3位「YOSHIKI」、2位「相葉雅紀」、1位は?
「実はきょうだいと知って驚いた芸能人」ランキング! 2位「神田うの&ハマカーン神田」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない