実は「千葉県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「山下智久」、1位は?

芸能人にとって、出身地は時にビジネスにつながることもあります。そのため、自らアピールをする人もいますが、中にはあまり出身地が知られていない人もいます。今回は、All About編集部が独自に調査したアンケート結果から、実は「千葉県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキングを紹介します。

All About編集部は4月6~21日、全国10~70代の467人を対象に「千葉県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、実は「千葉県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキングを紹介します。
 

>15位までの全ランキング結果を見る

 

3位:水卜麻美


3位にランクインしたのは、日本テレビアナウンサーの水卜麻美さんです。千葉県市川市出身の水卜さんは、千葉市美浜区にある渋谷教育学園幕張高校の出身。その後、慶應義塾大学に進学し、2010年に日本テレビへ入社します。
 

同テレビ局を代表する多くの番組に出演し、現在は朝の情報番組『ZIP!』の総合司会を担当。日本を代表する女性アナウンサーの1人として知られ、男女問わず絶大な人気を誇っています。そんな水卜さんは2021年に『ZIP!』の企画で千葉県の熊谷俊人知事にインタビューをしたこともあります。
 

回答者からは、「東北のイメージがあった」(40代女性・北海道)、「千葉県出身として活動している姿はあまり見受けないため」(20代女性・北海道)、「田舎で育った純粋で素朴そうな印象だったので」(40代女性・山口県)、「どこか田舎の出身だと思っていました」(50代女性・千葉県)、「イメージと違いました」(20代男性・宮城県)などの意見が寄せられました。
 

2位:山下智久

2位にランクインしたのは、山下智久さんです。千葉県船橋市出身の山下さんですが、早くからアイドルとして活躍したため高校は東京都の堀越高等学校に入学。その後、明治大学を卒業したことで知られています。
 

千葉県出身に関するエピソードが公に出たことはほとんどありませんが、過去には、全国ツアーが千葉県市原市市民会館を皮切りに始まったことがあります。
 

回答者からは、「スタイリッシュで都会的なイメージだったので」(20代女性・東京都)、「千葉というイメージを持ってなかった」(50代女性・広島県)、「勝手な想像で東京と思ってました」(40代女性・宮城県)、「好きな芸能人ではあるが出身を知らなかったから」(10代女性・神奈川県)、「シティボーイのイメージがあるので東京出身だと思っていた」(30代男性・大阪府)などの意見が寄せられました。
 

1位:YOSHIKI(X JAPAN)

1位にランクインしたのは、YOSHIKIさんでした。千葉県館山市出身のYOSHIKIさんは、幼なじみだったToshlさんと共にバンド「X」を結成。その後、「X JAPAN」と名前を変え世界を舞台に活躍を続けています。
 

そんなYOSHIKIさんですが、2019年の台風15号で千葉県が被害を受けた際にはボランティアに参加し、日本赤十字社に1000万円の寄付をしています。また、地元「館山駅」の発車メロディーが、X JAPANの代表曲の1つでもある『Forever Love』に変更されるなど、近年では何かと千葉県との接点が生まれています。
 

回答者からは、「出身が日本ではないと思っていました」(40代女性・香川県)、「もっと都心(23区)のイメージがあった」(20代女性・埼玉県)、「日本人とはかけ離れた存在感があるから」(30代男性・岡山県)、「地方出身の雰囲気があんまり感じられないから」(30代女性・東京都)、「あまりどこ出身かというイメージのない人たちだから」(20代女性・東京都)などの意見が寄せられました。
 

>15位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
実は「埼玉県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「佐藤健」、2位「田中みな実」、1位は?
実は「福岡県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「池田エライザ」、2位「浜崎あゆみ」、1位は?
実は「神奈川県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「ムロツヨシ」、2位「松嶋菜々子」、1位は?
実は「東京都出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「石原さとみ」、2位「木村拓哉」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」