30代、結婚したいなら「女子会」はやめるべき? 六本木開催の“リッチ女子会”が突然気まずくなった瞬間

独身女性たちが集い、それぞれに語り合う「独身女子会」。あらゆるメディア作品でも「華やかな女子会」が描かれ、それに憧れを抱く人たちも多い。しかし、独身女性たちだけで開催する「女子会」には、あるきっかけで亀裂が入ることもある。その原因とは?

「30歳までに結婚して……」20代中盤までの女子会と何が変わったのか

女子会メンバーにダークな空気が流れたその瞬間、ミカさんは違和感を抱いた。
 
「そもそもこの女子会は、大学卒業と同時に発足したもので、仕事の話と、普段あまり言えない“本音”を語り合う会だった。例えば、実は不倫してるんだよね、とか。彼氏とレスなんだよね、とか」
 
それが“心地よい”空間だったと話す……20代中盤までは。
 
「アラサーになってからの女子会は、ふわふわした恋愛の話はできなくなった。4人全員20代の頃に『30歳までには結婚して子どもがほしい』と言っていたメンバー。もう過ぎている。アラサーになって結婚という生々しいワードが頭をかすめるようになると『今の時代、まだ結婚しなくても幸せだよね』と言いながらも、それは強がりのように思えて。少なくとも私は強がっていた」
 
このキョウコさんの結婚がミカさんに大きな影響を与えたようだ。女子会はその後、キョウコさんの予定が合わなくなったのをきっかけに自然に消滅した。
 
会の開催はなくなったが、キョウコさんとミカさんはたまにランチをすることがあるそうだ。
 
「結婚したいなら、結婚している人といたほうがいいと思って。既婚者であるキョウコに結婚に対するアドバイスをもらいました。それが良かったのか、その後、仕事関係で出会った人と付き合うようになって」
 

結婚したいなら、結婚している友達と一緒にいるべき?

人生にはいくつもライフステージがある。
 
同じ学校に行き、同じ勉強をして、同じようなライフステージで生きていた女友達たちも、アラサー世代になれば、結婚している人、していない人、子どもがいる人、いない人、仕事をしている人、していない人……とそれぞれの別々のライフステージで生きている。
 
結婚したいなら、結婚している人といたほうがいい――。
 
同じライフステージの友人といると“心地いい”が、別のライフステージに行きたいと思ったとき、そこで輝いている友人といたほうがずっといいだろう。ミカさんはこう続ける。
 
「女子会がなくなっても、他の2人のメンバーから仕事の相談を受けたり、逆に私が相談したり。恋愛の相談はキョウコ、仕事の相談は2人に、って感じ。女子会をやめたからって友達関係がなくなることはない」
 
それぞれのライフステージを受け入れながら、無理には付き合わない。そんな状況が、細く長く続くのが”女の友情”なのかもしれない。


>最初から読む


※回答者のコメントは原文ママ


【おすすめ記事】
結婚相手に「子供部屋おじさん」は選べない? 婚活で出会った“自称こどおじ”の36歳男性に誘われて…
「都会のデート」は高いだけで生産性がない? 東京に疲弊した独身女性たちが“田舎婚活”を選ぶ理由
初デートで「相手がトイレからなかなか帰ってこない」問題、なぜ? “マッチングアプリ時代”の衝撃実態
婚活に潜む「マルチ商法」の罠。街コンで出会った婚活仲間から“勧誘”された26歳独身女性の実話
「会計で財布を見せる男性に嫌悪感」ってどういうこと? 現金会計やチャージは“ダサい”のか
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」