30代、結婚したいなら「女子会」はやめるべき? 六本木開催の“リッチ女子会”が突然気まずくなった瞬間

独身女性たちが集い、それぞれに語り合う「独身女子会」。あらゆるメディア作品でも「華やかな女子会」が描かれ、それに憧れを抱く人たちも多い。しかし、独身女性たちだけで開催する「女子会」には、あるきっかけで亀裂が入ることもある。その原因とは?


多様化する現代の恋愛・婚活事情。マッチングアプリや婚活サービスが身近なものとなり、出会いの手段が増えた一方で、失敗や後悔、忘れられない驚がくの“婚活事件”も増えている。恋愛ライター・毒島サチコによる連載「本当にあったアラサー婚活事件」の第8回は、実際のエピソードをもとに「独身女子会」について紹介する(第7回はこちら

 

六本木や広尾のおしゃれなレストランで行われていた「リッチ女子会」

「女子会やめたら彼氏ができた」
 
こう話すのは、ミカさん(31歳)だ。彼女は数カ月に1度、大学時代の友人たち4人と集まり、定期女子会を開催していた。
 
ミカさんは、この女子会をやめて「恋愛がうまくいくようになった」と言う。詳しく話を聞いてみた。
 
「女子会メンバーは大学時代からの親友。みんなバリバリ働いている。仕事の話はもちろん、恋愛の話とか結婚観とか、夜な夜な語り合ってて」
 
場所は六本木ヒルズや、広尾のイタリアンレストラン。デートにぴったりのお店に集い、「取引先がさ」とか「今気になってる人が~」とか、お酒を飲みながら本音で近況報告をし合い、その姿をSNSにアップする。リッチな女子会だったようだ。
 

30代に入り、女子会メンバーの1人が結婚。なぜか気まずい雰囲気に

その光景を想像しながら、まるで『セックス・アンド・ザ・シティ』みたいな世界だな……なんて、のんきに想像していた筆者だったが、現実の女子会はそんなに甘くないようだ。
 
「女子会に参加していたうちの1人が結婚して。だんな優先になった瞬間、女子会に気まずい雰囲気が流れて」
 
結婚したのは、キョウコさん(31歳)。「実は……」と女子会メンバーに結婚を切り出した。
 
「キョウコにずっと付き合っている彼氏がいることは、みんな知っていたし、キョウコから別れそう……と相談されたときは『いやなら別れたほうがいいんじゃない?』なんて私もアドバイスしていました。だから彼女がプロポーズされたときはうれしかったけど、ちょっと驚いちゃって」


>次のページ:結婚祝福の裏に垣間見えた、女性たちの“ダークな本音”とは

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは