好きな温泉地ランキング! 3位 兵庫県「有馬温泉」、2位 神奈川県「箱根湯本温泉」を抑えた1位は?

ゴールデンウィークを前に、ますます注目を集める日本の温泉地。数々の人気温泉地の中から、全国の温泉好き286人が選んだ、「好きな温泉地」ランキングを発表します!

箱根湯本温泉

最大9連休にもなる2023年のゴールデンウィークを前に、国内外の観光客から注目される、日本の有名温泉地の数々。

All About編集部は、全国の10〜70代の男女286人を対象に「日本の温泉地」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:4月10〜20日)。今回はアンケート調査結果の中から、「好きな温泉地」ランキングを発表します。

>18位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:有馬温泉(兵庫県)

第3位は、兵庫県神戸市北区に位置する、日本の三大名泉の1つ「有馬温泉」でした。豊臣秀吉がこよなく愛した温泉地としても有名で、秀吉にまつわるスポットも数多く点在。茶褐色の「金泉」、無色透明の「銀泉」と、異なる2種類の源泉が楽しめることでも人気です。

回答者からは、「温泉街が素敵で、大阪駅などからのアクセスもいいから(24歳女性/大阪府)」「車で少し走れば行ける身近な温泉なので良く家族で利用するのです(53歳女性/兵庫県)」「近くに観光地があるので(39歳女性/兵庫県)」など、大阪駅から電車で1時間程度など、関西都心部からのアクセスの良さも人気を集める理由のようです。

ほかにも、「観光しながら食べ歩きができて、疲れたら無料の足湯もあり過ごしやすい(27歳女性/東京都)」「温泉地として有名で、豊臣秀吉も愛した地のため(38歳男性/京都府)」「ゴージャスな気分になります(65歳男性/兵庫県)」など、情緒ある温泉街の街並みが好き、というコメントもありました。
 

第2位:箱根湯本温泉(神奈川県)

第2位は、神奈川県足柄下郡にある箱根湯本温泉でした。さまざまな泉質や効能を持つ20カ所もの温泉場が集まる、歴史ある温泉郷。新宿から約1時間半で都心からのアクセスも良く、芦ノ湖や箱根神社、美術館など、周辺の観光スポット目当てに訪れる人でにぎわいます。

回答者からは、「街全体が『温泉街!!』という、異世界感があるから(40歳女性/千葉県)」「自然に恵まれた温泉地で、美しい景色がたくさんあり、心が癒してくれるから(27歳男性/東京都)」「実家が近いので何度も行っているが、観光スポットがたくさんあり、何度行っても飽きない(36歳女性/神奈川県)」など、自然も観光地も満喫できて、何度行っても飽きないという声も。

さらに、「癖がなく入りやすいお湯質。旅館、ホテルも多く、繁華街もあるので楽しい(63歳女性/東京都)」「泉質が私の肌と非常に合っているからです。温泉に入った後、肌はしっとりツルツルになるところがお気に入りです。都心からのアクセスもよいので、気軽に温泉に入りに行けるところも気に入っています(30代女性/神奈川県)」「洗練されているから(61歳女性/東京都)」など、泉質が良く、都心から気軽に行きやすいとのコメントも寄せられました。
 

第1位:草津温泉(群馬県)

第1位は、日本三大名泉の1つ、群馬県の草津温泉でした。湯けむりが立つ「湯畑」のある光景がおなじみの温泉街散策や、名物「湯もみショー」が人気です。自然湧出量は日本一を誇り、「源泉かけ流し」を堪能できる旅館や温泉施設が点在しています。

回答者からは、「湯畑の雰囲気が大変気にいっています(69歳男性/東京都)」「温泉街の規模が大きく雰囲気が良いから(52歳男性/群馬県)」「群馬県に転勤で住んでいた時期があり、よく行っていました。温泉の質も良いですが、温泉街の雰囲気も気に入っており、何度も足を運んだ思い出があります(37歳男性/大阪府)」など、湯畑のある温泉街の雰囲気が好き、という声が多数寄せられました。

ほかにも、「色んな公衆浴場があり、周辺は土産物店がたくさんあって家族で楽しめるからです(36歳女性/千葉県)」「温泉だけではなく、周囲の温泉町も風情がありご当地グルメも沢山あるから(23歳女性/東京都)」「観光地周辺のグルメがおいしいから(22歳女性/東京都)」など、おいしいご当地グルメが充実しているというコメントもありました。


>18位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
泉質が良いと思う温泉地ランキング! “日本三大名泉”の兵庫県「有馬温泉」を抑えた1位は?
絶景が楽しめる温泉地ランキング! 大分県「湯布院温泉」を抑えたTOP2は?
一度は行ってみたい憧れの温泉地ランキング! 大分県「別府八湯」を抑えたTOP2は?
温泉街が充実していると思う温泉地ランキング! 「熱海温泉」「城崎温泉」を抑えたTOP2は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない