1度は行ってみたい憧れの温泉地ランキング! 大分県「別府八湯」を抑えたTOP2は?

メディアで紹介されることも多く、知名度が高い有名温泉地の数々。中でも全国の温泉好き286人が、“1度は行ってみたい”と思う「憧れの温泉地」ランキングを発表します!

別府温泉

All About編集部は、全国の10〜70代の男女286人を対象に「日本の温泉地」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:4月10〜20日)。今回はアンケート調査結果の中から、「1度は行ってみたい憧れの温泉地」ランキングを発表します。

>13位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:別府八湯(大分県)

第3位は、大分県の「別府八湯」。8世紀初期からの歴史を持つ温泉地を含め、別府市内に点在する8つの温泉地の総称です。それぞれの温泉は泉質が異なるだけでなく、湯けむりが立ちのぼる「鉄輪温泉」や明治・大正時代の花街の名残を感じられる「浜脇温泉」など、趣きや景色の変化を楽しめることでも人気を集めています。

回答者からは、「大分県出身の友人がおすすめしていたから(31歳女性/長野県)」「両親が過去に行ってとても良かったと話していたので(50歳女性/神奈川県)」「テレビで特集しているのを見ていて興味を持ったから(43歳男性/新潟県)」など、実際に行ったことがある人からの評判がとても良いという声も。

ほかにも、「別府温泉と聞くくらいなので、どんな温泉があるのか行ってみたいです!(29歳女性/埼玉県)」「別府は北日本東日本とは違いどのような泉質でにおいがするのかとても気になっています。また、九州には炭酸泉もあるということを聞くので、体感してみたいです(42歳女性/青森県)」「全国的に有名で遠いこともあり、一度は行ってみたいです(47歳男性/埼玉県)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:湯布院温泉(大分県)

第2位は、大分県の「湯布院温泉」でした。日本屈指の湧出量・源泉数を誇る温泉だけでなく、雄大な由布岳、朝霧に包まれる金鱗湖(きんりんこ)、湖に浮かぶ鳥居が神秘的な天祖神社など、絶景スポットが数多く点在。由布院駅から徒歩5分ほどの「湯の坪街道」は、江戸の風情を感じさせる街並みで観光スポットとして人気です。

回答者からは、「高級温泉地のイメージだから(33歳女性/東京都)」「とても趣がある旅館が多いようで、ゆっくりと訪問したい(52歳女性/茨城県)」「遠いし宿も値段がお高めなのでなかなか行けないが、いつか行ってみたい(49歳女性/福島県)」など、高級感が漂う旅館などに“1度は泊まってみたい”という声が集まりました。

ほかにも、「行ったことがある人は湯布院を皆絶賛しているから(35歳女性/茨城県)」「テレビで見て、素敵な所だったから(44歳女性/東京都)」「名だたる温泉地で、地元の食材も良いものばかりだと聞いているから(45歳女性/千葉県)」など、行ったことがある人からの評価が高い、とのコメントがありました。
 

第1位:草津温泉(群馬県)

第1位は、群馬県の草津温泉でした。高い殺菌力を持つ泉質が特徴的な温泉の自然湧出量は、日本一を誇ります。湯けむりが立ちのぼる「湯畑」を中心とした温泉街や「湯もみショー」の光景をテレビなどで見て“行ってみたい”と思った人も多いようです。

「日本三名泉であり、行ったことがないため、生きているうちに経験しておきたい(39歳男性/兵庫県)」「歌にもなっているので一度は行ってみたいです(53歳男性/北海道)」「草津の歌を歌いながら入りたい(61歳男性/鹿児島県)」など、“湯もみ”でおなじみの『草津節』を歌いながら温泉に入りたい! という人もいました。

さらに、「日本三大温泉で、殺菌力がかなり強いと有名だから。肩こりがひどいので効きそうだと思うから(24歳女性/大阪府)」「温泉もかなり有名ですが、特に湯の花を一度見てみたいです(54歳女性/徳島県)「湯もみショーを見て体験したいから(57歳男性/山口県)」など、テレビで見た光景を実際に体験したいとの声が多数寄せられました。


>13位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな温泉地ランキング! 2位の神奈川県「箱根湯本温泉」を抑えた1位は?
泉質が良いと思う温泉地ランキング! “日本三大名泉”の兵庫県「有馬温泉」を抑えた1位は?
絶景が楽しめる温泉地ランキング! 大分県「湯布院温泉」を抑えたTOP2は?
温泉街が充実していると思う温泉地ランキング! 「熱海温泉」「城崎温泉」を抑えたTOP2は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは