アラサーが考える恋愛とお金 第16回

「都会のデート」は高いだけで生産性がない? 東京に疲弊した独身女性たちが“田舎婚活”を選ぶ理由

東京で働きながら婚活に励む独身女性たち。華やかで充実しているように見えても、“東京”に疲弊し、Uターン転職を選ぶ人も多い。婚活にはデートがつきものだが、その内容や費用は、都心部と田舎では全く異なる。地元での婚活を選んだ女性たちに話を聞いた。

生産する田舎のデート、消耗する都会のデート

一方、田舎のデートはどうだろうか。
 
筆者は18歳までA子と同じ四国の田舎で過ごし、その後上京した。地元でのデートといえば、もっぱらドライブか、大型ショッピングモールでのショッピングや映画鑑賞だ。
 
都会に比べると、飲食店もデートスポットも少ないため、知り合いと鉢合わせることも少なくない。
 
筆者も高校生の頃、担任の女性教員が、ショッピングモールでデートをしているところを目撃したことがある。筆者以外の複数の生徒も目撃しており、学校でたちまちうわさになった。
 
「いつから付き合ってるんですか?」「結婚するんですか?」生徒たちが先生に聞くと「もうみんなにもバレちゃったし結婚しようかな!」なんて冗談交じりに言っていたが、先生はその後本当に結婚した。
 
狭いコミュニティの中で、交際していることがすぐに周囲や親にばれ、あれよあれよと周囲を固められて結婚。恋愛が結婚にダイレクトにつながりやすいのも田舎のデートの特徴かもしれない。
 

田舎のデートなら「高級すし屋に行かなくても、回転ずしがおいしい」

当時、10代だったA子は、この出来事についてこんなことを言っていた。
 
「田舎って、デートする場所ないし、人にデート見られるのとか嫌だよね」
 
ところが、アラサーになった現在、考え方は変わったようだ。
 
「プラネタリウムに行かなくても、外を見ればきれいな星空があるし、高級すし屋に行かなくても、回転すしがおいしい。地元っていいところだよね」

東京は魅力的な男女が大勢集まる魅力的な街だ。しかし、魅力的な人や場所に出会うためには時間もお金もかかる。そして魅力的な人と出会えば出会うほど「もっといい人がいるかもしれない」を増長させる。
 
昔、人気ブロガーの「まだ東京で消耗してるの?」という言葉が流行したが、それは男女の出会いの場でも同じかもしれない。
 
都会のデートは消耗する。現実的な”結婚”を考えた時、生産性のあるデートを求めて地元に帰るアラサー女性は多いのかもしれない。


>最初から読む


※回答者のコメントは原文ママ


【おすすめ記事】
初デートで「相手がトイレからなかなか帰ってこない」問題、なぜ? “マッチングアプリ時代”の衝撃実態
「会計で財布を見せる男性に嫌悪感」ってどういうこと? 現金会計やチャージは“ダサい”のか
婚活に潜む「マルチ商法」の罠。街コンで出会った婚活仲間から“勧誘”された26歳独身女性の実話
LINE Payでデート代を後日請求されて…付き合う前の「割り勘問題」の正解は?
「サイゼリヤでデート」論争。“試されている感覚”に嫌悪する女性たち


【参考サイト】
少子化社会対策白書(内閣府)
リーディングテック
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは