アラサーが考える恋愛とお金 第13回

「子どもを持つのは贅沢」論が現実味? 女性が結婚相手に求める“最低年収600万”の調査結果から分析【アラサーが考える“恋愛とお金”】

結婚相手に求める最低年収、そして理想の世帯年収。それは「独身」と「既婚」、さらに「子どもの有無」でどう変わるのだろうか。All About編集部が実施した「結婚とお金」に関するアンケート調査から、実態が明らかに。それぞれの生き方、お金に関する本音を探る。


デートや婚活、結婚式……恋愛や結婚にはお金がかかる。特に現代社会においては、働き方や生き方の多様化が進み、恋愛とお金に対する価値観も変容している。本連載では、これからの「恋愛とお金」について、アラサーの恋愛ライター・毒島サチコが取材をもとに考察。第13回は「結婚とお金」について紹介する(第12回はこちら)。

 

独身女性が結婚相手に求める年収は、500~600万円

独身女性の間でよく話題に上がる「結婚相手に求める年収」。
 
恋活・婚活の総合メディア「M2W」を運営するWooが、2022年6月に独身女性200人を対象に実施した調査によると、結婚相手に求める年収の1位は「500万円以上~600万円未満」だった。
 
しかし、現実は厳しい。

25~29歳の男性の年収平均は、393万円(女性:319万円)、30~34歳の男性は458万円(女性:309万円)で、独身女性の理想である500~600万円を大きく下回っているのだ(国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」)。
 
この結果から、SNS上では「独身女性は高望みだ」「そのせいで未婚率が上がっている」「結婚したい独身女性はもっと現実を見るべき」といった意見が散見された。
 

“既婚”女性が相手に求める年収は、独身女性より「現実的」なのか

では、結婚歴のある人はどうだろうか。「独身女性より“現実的な年収”を掲げているのでは?」その疑問を解明するべく、All About編集部は、全国の20〜70代の結婚歴のある女性128人に「結婚相手に求める最低年収」について聞いた(調査全体人数355人/調査期間:2022年10月13〜23日)。

■結婚歴のある女性が結婚相手に求める最低年収

 
その結果、なんと独身女性と変わらず、1位は「500~600万円未満」(26.6%)。続いて、「400~500万円未満」(25.0%)という結果となったのだ。
 
■結婚歴のある男性が結婚相手に求める最低年収


また、結婚歴のある男性47人にも同様の調査を実施すると「特にない」が1位で半数近くを占めた。2位は「300万円未満」「300~400万円未満」(17%)という結果に。


>(次のページ)世帯年収の理想は「子どもの有無」でこんなに差が出る


【おすすめ記事】
「年収400万円台で余裕があるわけない」お金の価値観、結婚前後でどう変わる?
「こんな33歳になるとは思わなかった」人生の節目は本当に30代なのか。アラサー女性に聞く“理想と現実”
結婚相手に「年収600万以上」は高望み? 玉のこし婚を諦めた女性のリアル
1LDK、家賃23万で同棲計画。初期費用で「彼の貯金額」が発覚して…
一般人の「ご報告」投稿にモヤッとする人が続出。なぜSNSで自分の不幸を“ネタ”にしたがるのか
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応