アラサーが考える恋愛とお金 第13回

「子どもを持つのは贅沢」論が現実味? 女性が結婚相手に求める“最低年収600万”の調査結果から分析【アラサーが考える“恋愛とお金”】

結婚相手に求める最低年収、そして理想の世帯年収。それは「独身」と「既婚」、さらに「子どもの有無」でどう変わるのだろうか。All About編集部が実施した「結婚とお金」に関するアンケート調査から、実態が明らかに。それぞれの生き方、お金に関する本音を探る。

結婚後の世帯年収の理想は「子ども」の有無でこんなに変わる?

筆者の予想に反し、結婚相手に求める年収は、独身女性と既婚女性で大きな差はなく、おおよそ500~600万円がボリュームゾーンであることが分かった。
 
一方男性は、結婚相手に対して、特に年収を気にしない傾向があるようだ。男女の理想の年収を掛け合わせた結婚後の理想の世帯年収は、以下となる。


・Case1:男性1位「特にない」+女性1位「~600万円」
=世帯年収:500~600万円

・Case 2:男性2位「~400万円」+女性2位「~500万円」
=世帯年収:700~900万円

・Case 3:男性2位「~300万円」+女性3位「~400万円」
=世帯年収:600~700万円
 
続いて、理想の世帯年収についてのアンケートを実施した。まずは子どもを持たない男女171人に聞いた「子どもなし世代の理想の世帯年収」から。

■子どもなし世代の理想の世帯年収

 
調査の結果、子どもなし世帯の理想の世帯年収第1位は「500~600万円未満」と、上記のCase1と合致する結果となった。僅差で2位となったのは「800~1000万円未満」。これもおおよそCase2と同様の結果だ。夫婦の年収の掛け合わせが、そのまま理想の世帯年収に反映される結果となった。
 
では、子育て世代はどうだろうか。子どもを持つ男女184人に「子どもがいる世帯の理想の世帯年収」について聞いてみると……。

■子どもがいる世帯の理想の世帯年収

 
1位は、なんと「800~1000万未満」(24.5%)という結果に! 5人に1人の子育て世代が、1000万円弱の理想の世帯年収を挙げていることが分かった。続く2位は「1000~1250万円」(16.3%)で、上記に挙げた「理想の年収」から算出した「理想の世帯年収」を大幅に超えている。


>(次のページ)「子どもを持つのはぜいたく」論がいよいよ現実味を帯びる


【おすすめ記事】
「年収400万円台で余裕があるわけない」お金の価値観、結婚前後でどう変わる?
「こんな33歳になるとは思わなかった」人生の節目は本当に30代なのか。アラサー女性に聞く“理想と現実”
結婚相手に「年収600万以上」は高望み? 玉のこし婚を諦めた女性のリアル
1LDK、家賃23万で同棲計画。初期費用で「彼の貯金額」が発覚して…
一般人の「ご報告」投稿にモヤッとする人が続出。なぜSNSで自分の不幸を“ネタ”にしたがるのか
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性