アラサーが考える恋愛とお金 第16回

「都会のデート」は高いだけで生産性がない? 東京に疲弊した独身女性たちが“田舎婚活”を選ぶ理由

東京で働きながら婚活に励む独身女性たち。華やかで充実しているように見えても、“東京”に疲弊し、Uターン転職を選ぶ人も多い。婚活にはデートがつきものだが、その内容や費用は、都心部と田舎では全く異なる。地元での婚活を選んだ女性たちに話を聞いた。

東京の婚活で深刻化する「デート代金欠」問題

2020年に発表された最新の国勢調査(人口統計資料集)によると、50歳時の未婚割合は、男性28.25%、女性17.81%。2015年実施の前回調査に比べ、男女ともに上昇している。日本で最も人口の多い東京は、その分独身率も高く、言い換えると「日本一結婚しづらい街」でもある。
 
そんな中、SNS上には、都内在住の婚活アカウントが多数存在する。
 
「今日は春らしいワンピースで」と婚活ファッションやメイクを披露するアカウントや、初回デートにおすすめの都内の飲食店やバーを紹介しているアカウントなどさまざまだが、中には「え!? こんなにお金をかけて婚活してるの?」と思うような投稿も。
 
とある婚活アカウントが紹介している「都内のデートにおすすめの飲食店」の数々は、コースで1万円前後のメニューがある店ばかり。そこから2軒目……となると、少なくとも、1人当たり1万円以上の金額がかかることになるだろう。

リーディングテックが2020年2月に実施した「デート代実態調査」によると、デート代の平均は男性が6805円、女性が2612円(対象:全国の18歳以上の男女1200人)。全国平均を大きく上回る東京のデート代相場を実地で見ていると、「東京で“理想のデート”をするためにはお金がかかる」ということがよく分かる。 

「デート金欠」「今月婚活アポが5件。財布持つかな」など、デート代に関してつぶやいている婚活アカウントも多い。しかし、それもひっくるめてデート自体を”エンタメ”として消費している人も多いような印象を受ける。


>次のページ:生産する田舎のデート、消耗する都会のデート
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは