ここがヘンだよ、ニッポン企業 第12回

「高学歴ほど高収入」という現実を、新卒ビジネスパーソンこそが肝に銘じるべき理由

新社会人となったホワイトカラーのビジネスパーソン、特に大企業勤務の場合、ほどなくして年収に関する「厳しい現実」に直面することになるだろう。それは……。

学歴と年収の関係は(画像は東京大学)

新年度が始まった。この4月から社会人1年目という人も多いかもしれない。
 

「さあこれから心機一転、バリバリ働くぞ!」と張り切っているフレッシュマンも多いだろうが、いわゆるホワイトカラー、さらに言えば大企業のサラリーマンになる場合、ほどなくして「厳しい現実」に直面することになるだろう。
 

「高学歴ほど高収入」は本当か

それは、これから手にする収入がキャリアを積めば積むほど「学歴」に大きく左右されていく、という現実だ。
 

就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」に登録がある24万6134人のデータを基に調査した「出身大学別年収ランキング 2022」(※)によると、出身大学別で見た30歳時点の想定年収ランキングの1位は「東京大学」。2位「一橋大学」、3位「慶應義塾大学」で、トップ30圏内は「旧帝大」の7つの大学、「早慶上智」などいわゆる名門大学のほか、偏差値の高い難関大学が上位を占めている。

※オープンワーク調べ。データ対象期間は2018年3月~2022年6月

「出身大学別年収ランキング 2022」TOP10(出典:オープンワーク


>「出身大学別年収ランキング」29位までの全ランキング結果を見る
 

年収には「出身大学」が大きく影響

ちなみに、この「格差」は歳を追うごとに広がっていく。例えば、東京大学出身者の30歳時推定年収は761万円で、29位の「青山学院大学」の551万円と210万円の開きがあるのだが、これが20年後の50歳時推定年収になると、407万円になる。
 

つまり、サラリーマンとして生きていく場合、いくらビジネス本を読み漁ろうとも、人が嫌がる仕事で汗水を垂らそうとも、いくら社内派閥をうまく立ち回ろうとも最終的には収入には「出身大学」が大きく影響しているのだ。
 

ただ、このような話を聞くと、社会人の多くは「そうかなあ」と首をかしげるのではないか。
 

実際のビジネスの現場では、東大卒とか慶應卒はほとんど関係がない。出身大学の社会的評価と同様に、仕事もバリバリこなす優秀な人間もいれば、「あれで東大出てるんだって」なんて陰口を叩かれる人も少なくない、というのは多くのビジネスパーソンが感じることだろう。


>次ページ:「高学歴ほど高収入」になるカラクリ

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」