「徳川綱吉でぇ~す」仲里依紗、『大奥』撮影の1日密着動画にファン歓喜! 「キツネさんの『行ってらっしゃい上様』には笑った」

俳優の仲里依紗さんが2月8日、自身のYouTubeでドラマ10『大奥』(NHK総合)の撮影密着動画を公開し、「普通は見られない裏側をどんどん見せてくれるのが本当楽しい」と話題を呼んでいます。

俳優の仲里依紗さんが2月8日、自身のYouTube「仲里依紗です。」で出演中のドラマ『大奥』(NHK総合)の撮影1日密着動画を公開しました。普段、見られない撮影裏の様子も公開され、反響を呼んでいます。
 

「裏側をこうして見せてくれるのは仲里依紗しかいない」

画像出典:仲里依紗です。

動画は仲さんの起床シーンからスタート。朝食と子どものお弁当作りをキツネさん(夫で俳優の中尾明慶さんの愛称)に託し、寝ぼけ眼で風呂場へ向かいます。セリフの練習は風呂に漬かってするという仲さん。慣れない“江戸言葉”に苦戦しながらも練習に励みます。

画像出典:仲里依紗です。

キツネさんが「いってらっしゃい上様」と声を掛けて、支度を終えた仲さんはスタジオへ。到着後、朝食をゆっくり取る暇もなくまずはメイクから。眉はなんと“墨汁”で描くことや、ピアスの穴は練り物で埋める、地毛を生かしたかつらをかぶることなど、時代劇ならではのメイク事情を披露しました。しかもこのかつら、「軽く1キロ超えしてる」んだとか。
 

続いて衣装に着替えを。ここでは「子ども時代、日本舞踊やってた」と明かした仲さん。着替えを終え、いよいよスタジオ内のセットの中へ。「大奥のルームツアー」と言いながら、50畳ほどある綱吉の部屋や中庭などを公開しました。

画像出典:仲里依紗です。

そして衣装のまま取材を受け、また別の衣装に着替え、あと「1シーンなのに」とメイクを全洗いしてまた、メイク。メイクして着替えて、脱いで洗って、またメイクして着替えて。普通のドラマと違い、メイクも衣装の着付けも時間がかかります。これは確かに大変だ……。仲さん、思わずメイク中に寝落ちしちゃいました。

画像出典:仲里依紗です。

その後、ようやく「本日の上様」を無事に終了した仲さん。最後は「『大奥』のランウェイ」という長い続き間を紹介して、自宅に戻りました。こんなにも時代劇の舞台裏は大変だったのですね。出演者の仲さんはもちろん、関係者の皆さんにも頭が下がります。
 

コメント欄では「キツネさんの『行ってらっしゃい上様』には笑った」「女優業とお母さんとYouTuber全てをこなすりいさちゃんほんとにすごすぎる」「時代劇の裏側をこうして見せてくれるのは仲里依紗しかいない」「こういう裏側見れるの嬉しい」など、称賛の声が相次いでいます。また、「大奥続きが楽しみ!」とドラマの放送を楽しみにする声も寄せられました。仲さんが出演する『大奥』、次回は14日22時から放送です。気になる人はドラマもぜひ、チェックを!
 


 

>次ページ:仲さんのすてきな姿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
仲里依紗、ドラマで黒髪&薄メイクの別人級ショット! 「目の奥の怖さやばい」「カッコよくて鳥肌立ちました」
仲里依紗、6時間かけた別人級メイクでガングロギャルに大変身! 「もっとやって」「最後の写真最高!」
仲里依紗、LAで全身タトゥーだらけの姿を披露! 「弾けっぷりがサイコーにカッコいい!!」と大反響
仲里依紗、『ハウルの動く城』カルシファーになりきった姿を披露にファン歓喜!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も