川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦さん、「女房の為にたった一つ」作ったクリスマスケーキを披露「お二人並んでますね」

2015年に胆管がんにより亡くなった俳優の川島なお美さんの夫で、世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦さんが12月25日、自身のInstagramを更新。「数千個作り続けた最後のXmasケーキ」を披露し、話題を呼んでいます。

2015年に胆管がんにより亡くなった俳優の川島なお美さんの夫で、世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦さんが12月25日、自身のInstagramを更新。川島さんのために作った2022年最後のクリスマスケーキを披露しました。
 

「なお美さんに相応しい艶やかで華やかなケーキ」


鎧塚さんは投稿で、「今年も応援して下さるたくさんのお客様、そして頼もしいスタッフのお陰で無事この時間を迎える事が出来ました」と、感謝の思いと1年で最も忙しい数日間を乗り切ったことを報告しました。
 

続けて、「数千個作り続けた最後のXmasケーキは女房の為にたった一つ作りました。まだ後片付けしてくれているスタッフもいますが親方は一足先に女房と乾杯してゆっくり Xmasを満喫させて頂きます」とつづりました。
 

公開された写真には、少し上目遣いにほほ笑む川島さんの写真と、ワイングラス、その横にピンク色のバラの花びらに包まれたドーム型のケーキが置かれています。ケーキには「NOEL」と書かれた赤い飾りなども添えられて、とても華やかで美しいですね。川島さんにぴったりです。
 

ファンからは、「奥さま、こんなに愛されて幸せだな」「なお美さんに相応しい艶やかで華やかなケーキ」「なおみさん、凄く喜んでおられると思います」と川島さんをしのぶ声のほか、「美味しくて素敵なクリスマスを届けて下さったトシさんとスタッフの皆さまに心から感謝」と鎧塚さん、スタッフの皆さんへ感謝の声も寄せられました。

中には、「ワイングラスにトシさんが写っていて、お二人並んでますね」という声も。よく見ると、確かにワイングラスには写真を撮る鎧塚さんの姿が写っています。予期せぬ夫婦ショット、これはもしや、川島さんから鎧塚さんへのクリスマスプレゼントだったりして……。
 


>次ページ:鎧塚さんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
鎧塚俊彦さん、故・川島なお美さんの誕生日にラブラブツーショットを披露! 「天国に行っても女房女房って呼ばれる幸せってないわあ」
鎧塚俊彦さん、『ジョブチューン』のロイホ・パンケーキ騒動に一石を投じる「満場一致合格より嬉しいのでは」 藤井隆も「大満足」と投稿
鎧塚俊彦さん、環境活動家の“英国王の蝋人形にケーキ投げつけ”行為を痛烈批判「同感です」と称賛相次ぐ
鎧塚俊彦さん、亡き妻・川島なお美さんの意志引き継ぎ、動物保護に「もう一歩踏み出します」と表明「トシさんを応援しています!」温かい声続々

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も