鎧塚俊彦さん、『ジョブチューン』のロイホ・パンケーキ騒動に一石を投じる「満場一致合格より嬉しいのでは」 藤井隆も「大満足」と投稿

亡くなった俳優の川島なお美さんの夫で、世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦さんが11月28日、自身のInstagramを更新。26日に放送された『ジョブチューン』(TBS系)で、ロイヤルホストのパンケーキ評価が物議を醸している件について、言及。「ご意見素晴らしい」と反響を呼んでいます。

2015年に胆管がんにより亡くなった俳優の川島なお美さんの夫で、世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦さんが11月28日、自身のInstagramを更新。26日に放送されたバラエティ番組『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)で、ロイヤルホストのパンケーキ評価が物議を醸している件について、言及しました。
 

「愛のあるコメントが大好き」

パンケーキ騒動に一石を投じた鎧塚さん
画像出典:鎧塚さんInstagramより


鎧塚さんは投稿で、「私も時折、出演させて頂いております『ジョブチューン』のロイヤルホスト・パンケーキの不合格について反発が殺到しているらしいです」と前置き。続けて、「ロイヤルホストの方々は料理人冥利に尽きますね。満場一致合格より嬉しいのでは無いでしょうか」と述べ、「ジャッジしている料理人の方々は真剣に審査していらっしゃいますので職務を全うされて審査結果は間違い無いものだと思います。お疲れ様でした」と審査員へねぎらいの言葉を掛けています。
 

続けて、「ターゲットや客単価が違いますから考え方、立場が違えど同じ料理人として、より一層お客様に喜んで頂ける様に切磋琢磨するのがこの番組の役割だと思っています。『星付きレストランシェフらの公正なジャッジにおいて不合格を頂きましたが多くのお客様からの支持を得てこのパンケーキはリニューアル致しません!』 これも立派な決断だと思いますがロイヤルホストの皆さん如何でしょうか?」と、ロイヤルホストへ問いかけもしています。
 


コメント欄では「愛のあるコメントが大好き」「反響があるというのは、みんなから、愛されてる証拠だもの、鎧塚さんのご意見素晴らしい」「ロイヤルホストのパンケーキはぜひファンの皆様の声を1番に大切にして欲しい」など、さまざまな声が寄せらました。中には、「料理人の方々の悔しくて仕方がない気持ちが溢れ出る表情を忘れられません」と、口を真一文字に結びうつむく料理人らの姿に胸を痛めた人もいたようです。
 

ロイヤルホストとコラボイベント開催の藤井隆さんも……


そんな中、ロイヤルホストとコラボイベントも開催しているタレントの藤井隆さんが29日、自身のInstagramを更新。「大満足です! おいしい!楽しい!」とつづり、ロイヤルホストのパンケーキ写真などを公開しました。「このタイミングであげてくれる藤井さん素敵」「この投稿に心温まりました」「食べたことないので今度食べてみます」など、ロイヤルホストに追い風が吹くコメントが相次いでいます。
 

鎧塚さんの投稿に「料理は時に味優先ではなく懐かしさも重要」というコメントもありました。今回の騒動はホッとする、懐かしい味を審査員のジャッジで否定されたと感じた人が少なからずいたことも、原因だったのかもしれません。
 

「3枚重なってて何が1枚と違うんだろう」「家でも焼けるんじゃないか」などの辛口評価を受けたロイヤルホストのパンケーキ。ネット上では「企画自体に問題がある」「帝国ホテルと同じ伝統の3枚重ねを4分の1の値段で提供するロイホを誇りに思って良い」など、放送終了から数日がたつ現在も大きな波紋が広がっています。
 


>次ページ:鎧塚さん&藤井さんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
鎧塚俊彦さん、亡き妻・川島なお美さんの意志引き継ぎ、動物保護に「もう一歩踏み出します」と表明「トシさんを応援しています!」温かい声続々
鎧塚俊彦さん、故・川島なお美さんの誕生日にラブラブツーショットを披露! 「天国に行っても女房女房って呼ばれる幸せってないわあ」
鎧塚俊彦さん、環境活動家の“英国王の蝋人形にケーキ投げつけ”行為を痛烈批判「同感です」と称賛相次ぐ
川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦さん、“プーさんが似合う50代”な姿が「カッコ可愛い」と反響

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化