『舞いあがれ!』第12週 リーマンショックで分かれる明暗! 大躍進の兄・悠人(横山裕)に注目殺到

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第12週のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『舞いあがれ!』公式サイト)。

福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』、第12週の舞台は再び長崎・五島に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

第12週「翼を休める島」あらすじ

国内の航空会社になんとか内定が決まり、航空学校を無事卒業した舞(福原遥)は、東大阪の実家に戻ってきました。しかしリーマンショックの影響で入社1年延期の通知が届き、父・浩太(高橋克典)の工場も苦境に陥ってしまいます。一方、兄・悠人(横山裕)はリーマンショックを予知した天才投資家として雑誌取材を受けるほど有名に。
 

入社延期に不安と焦りが募る中、舞はケガをしたという祖母・祥子(高畑淳子)を訪ねて五島へ。五島では幼なじみの貴司(赤楚衛二)が住み込みで働いており、各々再会を喜びます。そんな折、都会の学校になじめず環境を変えるため、森重美知留(辻本みず希)・朝陽(又野暁仁)親子が祥子の家に滞在しに来ました。
 

自分の気持ちをうまく伝えられない朝陽を見て、幼い頃、五島で暮らしていた自分に思いを馳せる舞。仲良くなろうと根気よく接していくうち、朝陽も心を開いていきます。短歌をたしなむ貴司は、思いを言葉に書き出してみるよう朝陽にアドバイス。ノートに書かれた言葉から朝陽の本当の気持ちを知った美知留もほっとした表情を見せます。
 

本当は入社延期になってショックだったと素直な気持ちを打ち明ける舞に、祥子は自分の船の仕事にたとえ、じっと待つしかない時間も無駄ではないと説くのでした。五島で心休まるひと時を過ごす舞でしたが、父・浩太が救急車で運ばれたという報せが届き――。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

兄・悠人(横山裕)への注目が急上昇

順風満帆と思えた舞と一家ですが、時代は折しもリーマンショック。Twitterでは「サブプライムリーマン前に(株)IWAKURAがもっと躍進してくれると思っていたのだが、上手くいかないものだ」「悠人兄が挫折するかと思いきやしておらず、地道に頑張ってきた浩太パパの会社がピンチ」「悠人は両親の健康、気力、世界情勢を配慮して整理の方向に動くかな。五島を知る三人(両親、舞)とは対立でしょう」「悠人お兄ちゃん、どんなふうにIWAKURAを立て直すのか期待しちゃうな」など、ここにきて大躍進の兄・悠人と岩倉家の行く末に注目が集まっています。
 

第13週は「向かい風の中で」。父・浩太が救急車で運ばれたという知らせを母・めぐみから受けた舞は、急ぎ東大阪へ。見舞いに訪れた兄・悠人と浩太はまたしてもぶつかり……。リストラは回避できず、舞は父の工場を手伝うことに。
 

実家の工場の行く末はいかに。果たして無事にパイロットとしてのキャリアをスタートできるのか。遠距離恋愛が続く柏木(目黒蓮)との仲はどうなるのか。舞に思いを寄せる貴司に挽回のチャンスがあるのか。まだまだ見えないこの先の展開に期待です。

 

【バックナンバー】
『舞いあがれ!』第11週 ヒロインをめぐる初彼vs幼なじみ構図に反響「最終どっちとくっつく?」「結局結婚しなさそう」
『舞いあがれ!』第10週 目黒蓮“柏木”の告白に賛否「柏木らしい」「なぜこのタイミング」の声
『舞いあがれ!』第9週 目黒蓮、福原遥に愛の告白か? 思わせぶりな台詞が話題沸騰
『舞いあがれ!』第8週 ヒロインの仲間思いがさく裂 “チームワーク”が今後の鍵か?
『舞いあがれ!』第7週 永作博美“聖子ちゃんカット”に80年代を懐かしむ声「みんな憧れてた」「記憶がよみがえる」
『舞いあがれ!』第6週 仲間の思いを背負ってヒロイン空へ…“青春の疑似体験”で視聴者感涙
『舞いあがれ!』第5週 仲間の夢を背負い大空へ…次週予告で「すでに泣いた」「号泣」の声
『舞いあがれ!』第4週 これぞ朝ドラ! ヒロインの成長ぶりに「泣ける」「グッとくる」の声
『舞いあがれ!』第3週 父と追う飛行機作りの夢! 丁寧な情景描写に称賛殺到
『舞いあがれ!』第2週 子役パートin五島 感涙ラスト「心温まる」「朝ドラはこうでなくちゃ」の声
『舞いあがれ!』第1週 母と別れ祖母との五島暮らしへ…「よう頑張ったな」祖母の深イイ一言に思わず涙

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望