『舞いあがれ!』第9週 目黒蓮、福原遥に愛の告白か? 思わせぶりな台詞が話題沸騰

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第9週のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『舞いあがれ!』公式サイト)。

福原遥さんがパイロットの夢に向かい奮闘する、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』。第9週では航空学校のフライト過程に進む中、同期の柏木(目黒蓮)との恋の予感も。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

第9週「私らはチームや」あらすじ

座学過程の試験をパスし、北海道・帯広でのフライト過程に臨む舞(福原遥)。そこには、次々と学生を落第させる鬼教官・大河内(吉川晃司)が待ち構えていました。舞は柏木(目黒蓮)、水島(佐野弘樹)と3人一組のチームとなり、大河内のフライト指導に必死で食らいつくも、課題は山積み。
 

そんな中、舞の兄・悠人(横山裕)が就職した会社を辞めたと久留美(山下美月)から聞いた舞は、心配して悠人へ連絡。逆にパイロット訓練は順調なのか問われ、言葉に詰まります。
 

舞は段ボールで自作した操縦桿とともに、水島や柏木の協力も得ながら必死で勉強。一方、何でも1人で抱え込もうとする自信家の柏木と水島が衝突し、チームには亀裂が生まれてしまいます。
 

1つの失敗から調子を崩した柏木を心配する舞。パイロットは1人で飛ぶものではなく、自分たちはパイロットになるためのチームだと柏木を説得。舞の言葉を受け入れた柏木は、水島や倫子(山崎紘奈)ら同期の仲間の協力により、挫折から立ち直ります。そしていよいよ中間審査が迫る中、舞に何かを伝えようとする柏木。「俺、お前のこと――」。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

パイロットの夢へ突き進む一方、恋の予感も

Twitterでは「今週は『1人では飛べない、チームで飛ぶんだ』という、なにわバードマンの精神がしっかり舞に根付いてることがわかって嬉しかった」「舞ちゃん空飛んだ!」「決して声を荒らげたり物音で威嚇したりしないけど、言ってることは厳しい大河内教官のキャラが良かった」など、舞のフライト過程での奮闘を見守る声が多く上がっています。
 

また、「俺、お前のこと……」という柏木の思わせぶりな台詞で次週に続く中、「人に頼ること、弱さを見せること、仲間の大切さ、すべて舞ちゃんが教えてくれてるね。柏木感謝しろよ」「次週タイトルが『別れと初恋』って、煽るなぁ(笑)」「柏木、突然の告白⁉」「最後の展開早すぎ(汗)」など柏木の話題が沸騰しています。
 

柏木との恋の予感が沸き上がりつつ、中間審査に臨む舞。水島だけが不合格になってしまい、舞たちは水島の再試験に向け可能なかぎりサポートをします。一方、舞は苦手な着陸の特訓を大河内の指導のもとで重ねるうち、熱をだして寝込んでしまい――。「同期みんなでパイロットになってほしい」と視聴者が応援する中、物語がどう展開していくのか注目です。

 

【バックナンバー】
『舞いあがれ!』第8週 ヒロインの仲間思いがさく裂 “チームワーク”が今後の鍵か?
『舞いあがれ!』第7週 永作博美“聖子ちゃんカット”に80年代を懐かしむ声「みんな憧れてた」「記憶がよみがえる」
『舞いあがれ!』第6週 仲間の思いを背負ってヒロイン空へ…“青春の疑似体験”で視聴者感涙
『舞いあがれ!』第5週 仲間の夢を背負い大空へ…次週予告で「すでに泣いた」「号泣」の声
『舞いあがれ!』第4週 これぞ朝ドラ! ヒロインの成長ぶりに「泣ける」「グッとくる」の声
『舞いあがれ!』第3週 父と追う飛行機作りの夢! 丁寧な情景描写に称賛殺到
『舞いあがれ!』第2週 子役パートin五島 感涙ラスト「心温まる」「朝ドラはこうでなくちゃ」の声
『舞いあがれ!』第1週 母と別れ祖母との五島暮らしへ…「よう頑張ったな」祖母の深イイ一言に思わず涙

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応