『舞いあがれ!』第4週 これぞ朝ドラ! ヒロインの成長ぶりに「泣ける」「グッとくる」の声

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第4週のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト)。

福原遥さん主演、「これぞ朝ドラ!」と好評のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』。第4週ではヒロイン・舞が人力飛行機サークルに入部しました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

第4週「翼にかける青春」あらすじ

航空工学を学ぶ大学生になった舞(福原遥)は、人力飛行機サークル「なにわバードマン」に入部。設計を担当する刈谷(高杉真宙)やパイロットの由良(吉谷彩子)など個性的な先輩たちとともに、琵琶湖を飛ぶ人力飛行機「スワン号」作りに取り組みます。
 

部費を捻出するため、親友・久留美(山下美月)が働くカフェでバイトを始める舞。幼なじみの高司(赤楚衛二)はシステムエンジニアとして働く傍ら、小学生の頃から好きな詩を書き続けていました。一方、舞の兄・悠人(横山裕)は東大4年生で就職活動中。将来は投資家になると言う悠人に対し、父・浩太(高橋克典)は「夢はないのか」と納得していない様子。浩太は飛行機の部品を作るという夢を諦めずに追い続けています。
 

そんなある日、テスト飛行で「スワン号」が故障し、パイロットの由良も足を骨折してしまいます。努力の結晶である「スワン号」を何とか飛ばしたいという思いは皆同じ。由良と体重にさほど差のない舞なら飛べるのではという声に、舞の心が揺れ動きます。
 

パイロットは楽しいだけではなく、辛いことのほうが多いと由良。厳しいトレーニングに加えて、皆の期待を一身に背負うというプレッシャーが一番大変だと語ります。それでもやりたいならやってみたらいいと背中を押された舞。さらに、卒業して地元に帰ることが決まっており、「これが最後に触れる飛行機」と悔しさをにじませながら「スワン号」を1人黙々と修理する空山(新名基浩)の姿に胸を打たれた舞は、自分がパイロットになるという一大決心をするのでした。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

「スワン号」にかける部員たちの思いに胸が熱くなる

「スワン号」の翼に安易に触れようとした舞を一喝した“怖い先輩”ながらも、次第に舞を評価し後継を任せる意思を見せていった由良。作業中は話しかけてもノーリアクションで気難しい印象だった空山が口にした悔しさ。2人の「スワン号」へかける思いが舞を一大決心へと導きました。
 

Twitterでは「由良先輩がどんどん好きになる。ビズリーチ先輩って呼ぶのが申し訳なくなってきたw」「初印象が最悪な人が最高の友になるのはドラマあるあるだろうな」「空さんの台詞泣ける」「舞ちゃん一大決心のシーン、何度見てもグッとくる」「虚弱な子だった舞が人力飛行機の操縦士に…涙出てきた」などのコメントが寄せられています。
 

テスト飛行までの夢を語るバードマンたちの前向きな雰囲気と、由良の怪我により夢が壊れた後の厳しい口調で言い争う重たい空気のギャップにハラハラしつつも、舞の成長に胸を打たれた第4週。舞がパイロットに志願する第5週「空を飛びたい」では、再び「スワン号」を飛ばし記録を作るという夢に向かって結束を固めていきます。空にかける舞の青春劇に期待です。


【おすすめ記事】
『舞いあがれ!』第3週 父と追う飛行機作りの夢! 丁寧な情景描写に称賛殺到
『舞いあがれ!』第2週 子役パートin五島 感涙ラスト「心温まる」「朝ドラはこうでなくちゃ」の声
『舞いあがれ!』第1週 母と別れ祖母との五島暮らしへ…「よう頑張ったな」祖母の深イイ一言に思わず涙
福原遥、かわいすぎる「まいんちゃん」時代の写真公開でファン歓喜! 「とてもホッコリ」「昔から可愛い」
乃木坂46・山下美月の美脚にうっとり。PEACH JOHN撮影のマイメロとのツーショットがかわいすぎる!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応