『舞いあがれ!』第2週 子役パートin五島 感涙ラスト「心温まる」「朝ドラはこうでなくちゃ」の声

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第2週のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト)

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』が放送開始し、「心温まる」「丁寧な作り」とネットで話題に。第2週のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

第2週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」あらすじ

母・めぐみ(永作博美)が帰阪し、祖母・祥子(高畑淳子)とともに五島で暮らし始めた舞(浅田芭路)。空高く舞い上がる「ばらもん凧」に魅了されるも、クラスメートの一太(野原壱太)の凧を壊してしまい落ち込んだり、朝寝坊をしてしまったりと失敗続きで何をするにも臆病な舞に、祥子はなんでも自分でできるよう導いていきます。
 

熱を出す回数は減ってきているものの、体育の授業は未だ休んでいる舞。熱が出ることを気にしながら暮らしていたある日、一太の母・莉子(大橋梓)が、舞以外に誰もいない場で産気づき、急を知らせるため舞は全速力で走ります。莉子は無事出産。舞の熱も出ず、祥子は「頑張ったから赤ちゃんも莉子さんも助かったとよ」と語りかけます。
 

莉子が産んだ赤ちゃんは体が弱く、元気づけるために一家は「ばらもん凧」をあげる行事を開催。一太から誘われた舞は、失敗して皆をがっかりさせるのを怖れて「できない」と断ってしまいます。他人の気持ちを考える舞に「自分の気持ちも大事にせんば」と祥子。めぐみに電話して思いを話してみるよう促します。
 

赤ちゃんに元気になってほしいという自分の気持ちを一生懸命伝えればいい。めぐみからの助言に背中を押された舞は、一太に「ばらもん凧をあげたい」と伝えます。見事に凧をあげた舞は大興奮するも熱は出ず。祥子は「もう大丈夫」と舞を大阪に戻す決断をします。「ばらもん凧ごたぁ、どがん向かい風にも負けんとたくましく生きるとぞ」――祥子の言葉を胸に、舞はめぐみとともに大阪へ帰るのでした。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

心温まる展開と役者の演技力が光る!「朝ドラはこうでなくっちゃ」の声

祖母や島の人々との暮らしによって成長した舞。めぐみもまた、過去に喧嘩別れをしていた母・祥子の思いを理解し、二代にわたる母娘の心の通い合いが描かれた第2週。
 

Twitterでは丁寧なドラマの作りへの賞賛が飛び交い、「(莉子が産気づくシーンで)背中に座布団、膝下にバスタオル掛けてて(あ、破水しちゃったんだ)とちゃんと分かる。数秒もないシーンだけど。丁寧に作られたドラマってこういうことなんだよ」「やっぱ長いこと役者やっている人には理由があるな。祥子とめぐみの会話、あんな短い時間なのに色んな事が伝わった」「すべてがちゃんとしてる。表現したいものが共有されてる。ブレが無いし真剣勝負。だからどこを切り取っても泣けるんだろうな」「泣き過ぎて目が痛い」「心温まる優しい展開と、素晴らしい役者たち。穏やかな気持ちで観ていられる。やはり、朝ドラはこうでなくっちゃ」などのコメントが寄せられています。
 

五島から大阪へ飛行機で帰りたいとねだった舞。五島での暮らしと「ばらもん凧」との出会いに加え、初めて乗った飛行機が空への憧れをより強くさせた様子。
 

第3週「がんばれ!お父ちゃん」では、父・浩太(高橋克典)の夢が飛行機作りだったことが伝えられます。仕事で苦労している父を励ますため、幼なじみの高司、久留美を誘って模型飛行機づくりに没頭する舞は、大学生になると人力飛行機に出会い――。
 

舞台は東大阪に戻り、子役パートから成人パートへ。「どがん向かい風にも負けんとたくましく生きる」舞の日々に期待です。
 

【おすすめ記事】
『舞いあがれ!』第1週 母と別れ祖母との五島暮らしへ…「よう頑張ったな」祖母の深イイ一言に思わず涙
「期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『相棒 season21』、1位は?
「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『エルピス』、1位は?
2022年「秋ドラマ期待度」ランキング! 3位『アトムの童』、2位『silent』、1位は?
乃木坂46・山下美月、美脚あらわなパジャマショット公開! モデル撮影中のオフショット動画も

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応