『舞いあがれ!』第8週 ヒロインの仲間思いがさく裂 “チームワーク”が今後の鍵か?

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第8週のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『舞いあがれ!』公式サイト)。

福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』。第8週ではついにヒロイン・舞が航空学校へ。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

第8週「いざ、航空学校へ!」あらすじ

航空学校へ行くことを認められた舞は、受験勉強と学費を賄うためのアルバイトで忙しい日々を過ごしながら試験を通過。父・浩太(高橋克典)、母・めぐみ(永作博美)から励ましを受けて航空学校へと旅立ち、パイロットになるための勉強と寮生活がスタートします。
 

授業は6人のチームを組んで行われ、舞は面接試験で「夢や思いなんて…」と小馬鹿にしてきた柏木(目黒蓮)や希少な女性同期の倫子(山崎紘菜)、水島(佐野弘樹)、中澤(濱正悟)、吉田(醍醐虎汰朗)らと同じチームに。授業での成績に加え、都築教官(阿南健治)による“都築ポイント”という独自の採点がされるという噂も耳にします。
 

チームメイトのことをもっと知ろうと働きかける舞。親睦会を開こうと提案したり、意見をぶつけ合い険悪になった柏木と倫子の間を取り持ったりと、舞らしい他人への気遣いを発揮。最初はバラバラだったチームが、次第にまとまりを見せていきます。
 

そんな中、吉田が母の看護で1カ月の離脱。遅れを取り戻すのは難しく、経済的理由からもパイロットへの道を断念せざるを得ない事態に。しかし彼が遅れを取り戻せるほど独自に勉強を重ねていたことを知った舞は、チームメイトに働きかけ、メンバー全員で都築教官に吉田の特別試験を直談判。吉田は無事、航空学校に残れることに。
 

“都築ノート”には「岩倉学生はチームワークを大切にする」との評価が。都築教官は帯広の飛行訓練を担当する鬼教官・大河内(吉川晃司)へ学生たちの情報を共有。そして、舞たちはチーム6人全員そろって帯広での飛行訓練へと進んでいくのでした。

 

舞いあがれ!
画像出典:NHK『舞いあがれ!』公式サイト

 

“都築ノート”での評価が次週以降どう影響してくるのか期待

Twitterでは“都築ノート”の内容をめぐって話題が沸騰。「学生1人ひとりの良いところを見つけ出すためのものだったのか!良い先生だ」「都築教官の見立てでは、舞の“人力飛行機のパイロット経験”と“チームワークを大切にする”という点は、今後も重要なポイントになるんだろうな」「都築ノートを受け取って、大河内教官はどう指導するのか?面白くなってきた」など、次週への期待が高まりを見せています。
 

第9週は「私らはチームや」。帯広でいよいよフライト過程に臨む舞たちを待ち構えていたのは、次々と学生を落第させる鬼教官・大河内。厳しい指導に必死に食らいつくも、その過酷さから舞たちのチームに亀裂が……? 「チームワークを大切にする」と評された舞は、どう向き合っていくのでしょうか。他人を大切にし、夢や思いを諦めない舞の奮闘から目が離せません。

 

【バックナンバー】
『舞いあがれ!』第7週 永作博美“聖子ちゃんカット”に80年代を懐かしむ声「みんな憧れてた」「記憶がよみがえる」
『舞いあがれ!』第6週 仲間の思いを背負ってヒロイン空へ…“青春の疑似体験”で視聴者感涙
『舞いあがれ!』第5週 仲間の夢を背負い大空へ…次週予告で「すでに泣いた」「号泣」の声
『舞いあがれ!』第4週 これぞ朝ドラ! ヒロインの成長ぶりに「泣ける」「グッとくる」の声
『舞いあがれ!』第3週 父と追う飛行機作りの夢! 丁寧な情景描写に称賛殺到
『舞いあがれ!』第2週 子役パートin五島 感涙ラスト「心温まる」「朝ドラはこうでなくちゃ」の声
『舞いあがれ!』第1週 母と別れ祖母との五島暮らしへ…「よう頑張ったな」祖母の深イイ一言に思わず涙

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」