『エルピス』第9話 次週最終回! “斎藤”鈴木亮平は悪の片棒をかついだのか? 結末に向けて残る謎と疑惑

12月19日に放送されたドラマ『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)第9話のストーリーをおさらいしつつ、最終話の見どころに迫ります(画像出典:『エルピス』公式サイト)。

長澤まさみさん主演の連続ドラマ『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)がいよいよ佳境に。12月19日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終回の見どころを紹介します。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

第9話のあらすじ

女子中学生連続殺人事件の真犯人が本城彰(永山瑛太)であるという事実を公にすることが許されず、さらに刑事を脅迫した疑いで会社を解雇された拓朗(眞栄田郷敦)。真実を闇に葬ろうとする巨大な力を背後に感じ、無力さになすすべなく再び心身のバランスを崩していく恵那(長澤まさみ)。
 

一方、村井(岡部たかし)は大門副総理(山路和弘)の娘婿で秘書の大門亨(迫田孝也)に接触を図り、拓朗にジャーナリストを名乗らせて2人を引き合わせます。亨は村井の力を借りて大門の告発を試みたものの、権力と忖度に屈したという過去がありました。村井にも目の前の真実が握りつぶされた経験があると知り驚く拓朗。このまま終わらせるわけにはいかないと、本城逮捕の最大の壁である大門を排除する作戦に打って出ます。
 

大門の娘と離婚し、事務所を辞めてまで告発する決意を固めていた亨。彼の協力を得ながら拓朗が作戦を推し進める中、届いたのは突然の亨の訃報。遺書があったことから警察は自殺と判定したものの、遺族の意向で病死と発表。葬儀では、いずれ大門の右腕となるであろう斎藤(鈴木亮平)がマスコミ対応に追われていました。村井は亨が他殺なのではないかと斎藤にかまをかけつつ、引き返すなら今しかないと忠告します。
 

権力という名の悪から目をそらし、平然と報道を続けるマスコミのあり方に怒りを爆発させた村井は、恵那がキャスターを務める報道番組『ニュース8』の収録現場に乗り込むと、パイプ椅子を振り回しセットを破壊していきます。その様子を見ていた恵那は、全部壊れてしまえばいいと思っていた本心に気づくと涙を流し――。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

村井役・岡部たかしの名バイプレイヤーぶりに称賛殺到

セクハラ満載の適当すぎるプロデューサーという村井の印象がガラッと変わった第9話。第7話で「消えちまってる」と言っていた情熱がまた燃え上がり、視聴者の視線を釘付けに。
 

Twitterでは「村井さん最高以外の言葉が出ない」「かっこいいよ村井。怒り爆発で野心と欲望のバブル世代、熱い男」「俳優岡部たかしに目を奪われた回」「ここ数年で名バイプレイヤーの印象濃くなってる」など、村井を演じる岡部たかしさんへの賞賛が殺到する一方、「大門亨を連れ去った実行犯は誰?斎藤さん?」「斎藤は一連の事件にどう関与しているのか」「斎藤が真相を暴くために大門側に潜入してたって最後だけはやめてほしい」など、未だ謎めいた斎藤への感想も多く寄せられています。
 

12月26日放送の第10話はいよいよ最終回。大門亨の死の意味を理解し言葉を失う拓朗。今度こそこの一件から手を引くという拓朗に対し、恵那が出す答えとは――? 闇に葬られた真実は白日の下にさらされ、松本死刑囚(片岡正二郎)の冤罪は晴らされるのでしょうか? 一体どんな結末を迎えるのか、目が離せません。

 

『エルピス』第10話(最終回) 12月26日放送予告



【バックナンバー】
『エルピス』第8話 闇に葬られる真実……眞栄田郷敦の窮地にネット絶望「権力怖えぇ」「色んな意味で苦しい」
『エルピス』第7話 “謎の男”永山瑛太が真犯人で確定か? 不穏な目と存在感に再び鳥肌「怖すぎる」「寒気する」の声
『エルピス』第6話 “恵那”長澤まさみד斎藤”鈴木亮平が決別! 斎藤エロス見納めを惜しむ声続出
『エルピス』第5話 眞栄田郷敦、真相究明にクリーンヒットの大手柄! ギラついた目力に「圧巻」「ド迫力」の声
『エルピス』第4話 眞栄田郷敦“死んだ目”演技に鳥肌&色気ダダ洩れ鈴木亮平「なんでベッド買ったの」の破壊力
『エルピス』第3話 “謎の男”永山瑛太のサプライズ登場に反響「真犯人では!?」「台詞が意味深すぎる」
『エルピス』第2話 真犯人は権力者筋…? ネット考察過熱で鈴木亮平との関係を疑う声も
『エルピス』第1話 長澤まさみ迫力の演技に「期待値以上でびっくり」と称賛の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応