『エルピス』第1話 長澤まさみ迫力の演技に「期待値以上でびっくり」と称賛の声

10月24日に放送されたドラマ『エルピス』(フジテレビ系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『エルピス』公式サイト)。

長澤まさみさん主演の連続ドラマ『エルピス』(フジテレビ系)が10月24日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

第1話のあらすじ

大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)は、週刊誌に路上キスを撮られてゴールデンタイムのニュース番組を降板した元エース女子アナ。現在は深夜の情報番組「フラーデーボンボン」でコーナーMCを担当しています。
 

ある日、恵那は番組で芸能ニュースを担当する新米ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)から、ある連続殺人事件の犯人とされる死刑囚・松本良夫(片岡正二郎)が、実は冤罪かもしれないと相談を受けます。
 

10年近く前の事件で死刑も確定している以上、掘り起こすことは得策ではないと一蹴する恵那。しかし拓朗は、松本は当時、家出少女を匿っていたことが報道されたせいで、犯人に仕立て上げられていただけかもしれないと食い下がります。その家出少女とは「フライデーボンボン」でヘアメイクを担当するチェリーこと大山さくら(三浦透子)。拓朗はさくらに弱みを握られたせいで行動を起こしていました。
 

自らの保身のために諦めるわけにはいかない拓朗は、新人時代の指導担当で報道局のエース記者・斎藤正一(鈴木亮平)に話を聞こうと恵那を誘います。恵那が路上キスを撮られた相手こそ斎藤で、その直後に破局していたと知る拓朗。恵那はその出来事以降、睡眠・摂食障害に悩まされていました。
 

拓朗と恵那は番組のチーフプロデューサー・村井喬一(岡部たかし)に特集の企画を提案するも取り付く島なし。「ちっぽけな正義感で国家権力に逆らう危ない橋である」と気づかされた拓朗は手を引こうとします。一方で、「もうこれ以上、飲み込めない。飲みこみたくない」と、吐きそうになりながら言い争う姿勢を見せる恵那。
 

そんな中、当時と同じ環境で少女の遺体が発見されます。「真犯人が野放しになっている――」拓朗の言葉を思い返しつつ恵那が真相を突き止める決意をする一方、拓朗はさくらが義父から虐待された手のひらの痕を見ながら、まったく別の思いで涙を流し――。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

長澤まさみ迫力の演技×眞栄田郷敦の目ヂカラに注目

本作は、実在の複数事件に着想を得た渡辺あやさん脚本の社会派エンターテインメント。主演の長澤まさみさんは、2018年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)以来、4年半ぶりの連ドラ主演となります。
 

Twitterでは、「映画を観てるような、ノンフィクション作品を観ているような不思議な感覚」「カットや演出、カメラの角度とかでこんなにドラマって惹きこまれるの!?」「中身が濃くてまるで映画を観ているかのよう」「映画みたいなマットな画像に映る、長澤まさみさんの声や仕草がより美しい」「期待値以上の内容でびっくりした」など、見応えに対する称賛の声が続出。
 

また、「重厚なドラマ。長澤まさみ×鈴木亮平は信頼できる俳優さんタッグ」「キャスティングがハマってる」「長澤まさみ、本物のニュースキャスターみたい。すごいなぁ」「(コンフィデンスマンJPの)ダー子の印象抜けないのかと思ったけど…どっぷりハマった」「眞栄田郷敦、いい芝居してる」「郷敦の目ヂカラやばい」「色々と伏線がありそうで楽しみ」など、脚本や役者への期待も高まりを見せています。
 

俳優陣の迫力の演技と骨太の脚本、映像の美しさで1話目から視聴者を惹きこんだ本作。冤罪事件の真相を追う過程で、どんな障壁が立ちはだかってくるのでしょうか。明るそうに見える拓朗が、何等か抱えていそうな闇にも注目です。
 

『エルピス』第2話 10月31日放送予告



【おすすめ記事】
「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『エルピス』、1位は?
「秋ドラマ期待度」ランキング! 3位『アトムの童』、2位『silent』、1位は?
「どこのお兄ちゃんかと」長澤まさみ、“男前”な自撮りショットに「永瀬廉くんに見えた!!」の声
「期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『相棒 season21』、1位は?
『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」