『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声

10月16日に放送されたドラマ『アトムの童』(TBS系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントともに今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト)

山﨑賢人さん主演の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)が10月16日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。※崎はたつさき

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

第1話のあらすじ

安積那由他(山﨑賢人)は企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれるゲーム開発者。「ジョン・ドゥ」という名で活動し、誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と評される存在でありながら、現在はゲームから離れ、自動車整備工場で働きつつネットゲームカフェを根城に暮らしています。
 

一方、那由他が大ファンの老舗玩具メーカー「アトム玩具」では、社長・富永繁雄(風間杜夫)が病に倒れ、工場は火災で全焼し、いよいよ廃業の危機に。「アトム玩具」が持つ特許を狙って大手IT企業「SAGAS」社長・興津晃彦(オダギリジョー)が買収を持ち掛ける中、繁雄の娘・海(岸井ゆきの)は勤めていた銀行を辞め、家業を継ぐことを決意。経営再建を図りゲーム制作へ参入すべく、開発を依頼するため「ジョン・ドゥ」を探し始めます。
 

そんな中、ひょんなことから出会った那由他と海。「アトム玩具」再建のため「ジョン・ドゥ」に繋がりたい海は、那由他が暮らすネットカフェで、「ジョン・ドゥ」が開発した唯一のゲームのバグを探すのに必死。その懸命な姿を見た那由他は、再びゲーム開発に向き合うことを決心します。
 

かくして「アトム玩具」でゲーム制作をすることになった那由他。同社の特許を狙う興津との間には深い因縁がありました。那由他がゲームから離れ、「ジョン・ドゥ」をともに立ち上げた仲間・菅生隼人(松下洸平)と決別したきっかけに興津が絡んでいる模様。「ゲームの面白さはアイディアだ!」と、「アトム玩具」で出くわした那由他から宣戦布告を受けた興津は、隼人を呼び出し、新プロジェクトを依頼して――。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

“敵役”オダギリジョーの“適役”ぶりに称賛殺到

第1話放送直後からTwitterではトレンド1位を獲得。「社長や那由他がおもちゃやゲームにかける熱量がハンパなくてこっちまでわくわくするし想いが胸アツ過ぎて泣ける」「すごくよく作り込まれた脚本。ストーリーがスッと入ってきて面白かった!」「アトム玩具乗っ取られるのかな…」「隼人は興津への復讐のために近づいてると信じたい」など、早くも物語に没頭する声が飛び交っています。
 

また、海を幼い頃から知り「姫」と呼ぶ、「アトム玩具」の古参社員で専務の八重樫謙吾(でんでん)や天才造形師の各務英次(塚地武雅)、那由他の事情を知りサポートするネットゲームカフェ店長・森田聡(岡部大)など、脇を固めるキャストも個性派ぞろいで興味深い本作。
 

代役としての登板が話題となったオダギリジョーさんへも「代役じゃなくて適役すぎる」「大正解」「ビジュアル的にも役のイメージに合う」「新鮮な日曜劇場に見えた。ありがとうオダジョー」など賞賛が集まっています。

10月23日放送の第2話では、一向にゲームのアイディアが出てこない那由他に、「ジョン・ドゥ」再結成を促す海。しかし那由他は頑なに拒否。その理由となる那由他と隼人、緒方公哉(栁俊太郎)の関係、興津との因縁が語られます。
 

『アトムの童』第2話 10月23日放送予告



【おすすめ記事】
「秋ドラマ期待度」ランキング! 3位『アトムの童』、2位『silent』、1位は?
「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『エルピス』、1位は?
「期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『相棒 season21』、1位は?
松下洸平、山崎賢人とのツーショットで28歳誕生日を祝福! 「何!仲良しじゃん」「二人ともかっこいい」
「山崎賢人」出演の好きなドラマランキング! 3位『トドメの接吻』、2位『グッド・ドクター』、1位は?

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた