『エルピス』第7話 “謎の男”永山瑛太が真犯人で確定か? 不穏な目と存在感に再び鳥肌「怖すぎる」「寒気する」の声

12月5日に放送されたドラマ『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『エルピス』公式サイト)。

長澤まさみさん主演の連続ドラマ『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)が、真相の究明に向けて大きく進展し話題に。12月5日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

第7話のあらすじ

副総理大臣の大門(山路和弘)が八飛市出身だと気づいた恵那(長澤まさみ)は、かつての斎藤(鈴木亮平)の言動から、警察に対し絶大な影響力を持つ大門が事件と何らかの関わりを持っていると睨み、新聞記者のまゆみ(池津祥子)に大門の身辺調査を依頼。
 

一方、経理部に異動した拓朗(眞栄田郷敦)も単独で事件を追うが調査は八方塞がり。古巣の番組の元チーフプロデューサー・村井(岡部たかし)に愚痴をこぼしていると、恵那が事件のDNA再鑑定が行われるとのニュースを読み上げる姿を目にします。
 

大門に関わる重要人物のリストを入手した恵那は、局の看板キャスターとして多忙な自身に代わり調査するよう拓朗に依頼。そんな矢先、事件捜査に関わった警察官から連絡を受け、「松本は犯人じゃない」という衝撃の発言を耳にした拓朗。
 

真犯人をどうしても隠蔽したかったのではないか。何か巨大な力が働き捜査はうやむやになったまま、署では禁句になっていると聞いた拓朗は再び事件現場へ。大門の幼なじみでバックアップをしている地元の有力者・本城の長男・彰に目をつけます。
 

本城彰は資料では所在不明とされながら、地元住民によればシャッター街で骨董品を扱う店をやっていたが閉店したとの噂。拓朗から情報を得た恵那は、以前、調査に訪れた店で出会った謎の男のことを思い出し――。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

永山瑛太“謎の男”の正体判明に反響

第3話で登場した永山瑛太さん演じる“謎の男”が恵那の回想シーンで再登場。恵那をフリーズさせた射貫くような目の演技とその存在感に再び話題が集まり、Twitterでは「名前を確認することで、白昼夢みたいだった男の輪郭がハッキリして、実在する感じが出たな」「瑛太怖すぎる」「寒気するわ」「あの完全にいってる目を映して終わりって…瑛太くん演技ヤバいって」「ドラマ終わってワンテンポ遅れて鳥肌立ってる」などの声が殺到しています。
 

得体のしれない雰囲気と空気をはらんでいた“謎の男”こそ、地元有力者の息子・本城彰であると知った恵那は何かあると直感。拓朗に依頼し調べを進めます。一方、直近に起きた女子中学生殺人事件についても深掘り調査をする拓朗は、その死に隠された重要証言に辿り着き――。
 

拓朗がどんどん事件の真相に迫っていく一方、アナウンサーとして多忙を極める恵那との温度差から気まずい空気も漂う2人。局を辞め政治コメンテーターとして他局に出演するようになった斎藤が、今後どう関わってくるのかも注目です。

 

『エルピス』第8話 12月12日放送予告



【バックナンバー】
『エルピス』第6話 “恵那”長澤まさみד斎藤”鈴木亮平が決別! 斎藤エロス見納めを惜しむ声続出
『エルピス』第5話 眞栄田郷敦、真相究明にクリーンヒットの大手柄! ギラついた目力に「圧巻」「ド迫力」の声
『エルピス』第4話 眞栄田郷敦“死んだ目”演技に鳥肌&色気ダダ洩れ鈴木亮平「なんでベッド買ったの」の破壊力
『エルピス』第3話 “謎の男”永山瑛太のサプライズ登場に反響「真犯人では!?」「台詞が意味深すぎる」
『エルピス』第2話 真犯人は権力者筋…? ネット考察過熱で鈴木亮平との関係を疑う声も
『エルピス』第1話 長澤まさみ迫力の演技に「期待値以上でびっくり」と称賛の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望