『エルピス』第5話 眞栄田郷敦、真相究明にクリーンヒットの大手柄! ギラついた目力に「圧巻」「ド迫力」の声

11月21日に放送されたドラマ『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『エルピス』公式サイト)。

長澤まさみさん主演、骨太社会派ドラマとして話題の『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)。11月21日放送の第5話では、眞栄田郷敦さん演じる若手ディレクターが事件の真相究明に大きく近づく活躍を披露。ストーリーをおさらいしつつ、SNSのコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

第5話のあらすじ

松本死刑囚(片岡正二郎)の再審請求が棄却され、責任を感じたチェリー(三浦透子)が自殺未遂。程なくして恵那(長澤まさみ)や拓朗(眞栄田郷敦)たちも番組での特集続行を禁じられます。上層部の決定を何も言わず受け入れる恵那。一方で納得がいかず行き場のない正義感をまとった拓朗は、単独で事件の目撃証言をした西澤(世志男)の身辺調査を開始。
 

拓朗が寝食も忘れて聞き込みを続けると、かつて西澤が妻子に酷いDVを行っていたという情報を入手。さらに西澤の元妻に接触する機会を得ると、彼女から西澤が事件現場の近くで松本を目撃したという証言は嘘であり、その時間帯、西澤は泥酔して自宅で寝ていたという証言を得ます。さらには、西澤が嘘の証言以降、何者かから毎月金銭を受け取っていた証拠となる預金通帳も。
 

一方、元恋人の斎藤(鈴木亮平)と復縁しつつある恵那は、同期で報道部の滝川(三浦貴大)から、斎藤が警察に大きな影響力を持つ副総理大臣・大門(山路和弘)と懇意であることを聞かされます。そんな矢先、拓朗は西澤の元妻の証言VTRを「フライデーボンボン」でジャック放送しようと試みるもあえなく失敗。
 

しかし一方で、VTRを観たチーフプロデューサー・村井(岡部たかし)と恵那は、松本の冤罪証明につながる新事実に驚愕。恵那は諦めようとした自身の不甲斐なさを拓朗に謝罪し、拓朗が取材で得た事実の大きさを説きます。恵那の言葉を受け止めた拓朗は、空腹を思い出し、恵那の自宅のソファで睡眠をとるのでした。

 

エルピス
画像出典:関西テレビ『エルピス』公式サイト

 

拓朗が取り戻した目ヂカラのギラつきに釘付け

母とも決別し、取り付かれたように取材続行した拓朗の大手柄にTwitterは湧き、「目力すごい優男がやつれて髭が伸びて、その目がもっとギラギラ光ようになっていく様が圧巻」「食べることは、生きること。拓朗食べられるようになってよかった」「5話残り10分というところで、思い出したかのように三大欲求を満たす拓朗すごいな」「眞栄田郷敦の演技いいね」などのコメントが殺到。
 

一方、恵那の女心を逆手にとって懐柔を試みるように見え、さらに拓朗にも真相究明の制止をかけようとした斎藤には、「『好きな女とうまいもの食いたい』とサラッと言える斎藤は、ほんっとうにズルい、悪い男だな!笑」「拓朗のド直球なまっすぐさがクリーンヒットしてきて、斎藤さんの胡散臭さと気味悪さがより強調されてる気がする」「斎藤怖い。恵那とあえて人目につくデートをすることで今後の動きを牽制してたら嫌だな」など戦々恐々といったコメントが寄せられています。
 

拓朗が入手した一世一代のスクープをきっかけに、再び奮い立つ恵那。さらに報道部出身のチーフプロデューサー・村井の魂にも火がつき、報道部を差し置いて「フライデーボンボン」で放送を敢行。恵那は古巣の報道番組に事件を追っていた記者として凱旋出演することが決まるも、斎藤と大門副総理の関係を知ってから、ある疑念が拭いきれず――。松本死刑囚の冤罪に大きな権力の関わりが透けて見えてきた中、斎藤の動きからも目が離せません。
 

『エルピス』第6話 11月28日放送予告



【おすすめ記事】
『エルピス』第4話 眞栄田郷敦“死んだ目”演技に鳥肌&色気ダダ洩れ鈴木亮平「なんでベッド買ったの」の破壊力
『エルピス』第3話 “謎の男”永山瑛太のサプライズ登場に反響「真犯人では!?」「台詞が意味深すぎる」
『エルピス』第2話 真犯人は権力者筋…? ネット考察過熱で鈴木亮平との関係を疑う声も
『エルピス』第1話 長澤まさみ迫力の演技に「期待値以上でびっくり」と称賛の声
長澤まさみ&鈴木亮平の“路チュー”寸前ショットが話題に!「公式さん分かってるううう」「いいね∞に押したい!」
長澤まさみ&鈴木亮平、手つなぎデート⁉ 「なんか凄くお似合い〜!」 「美男美女カップル」と大反響

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても