世界を知れば日本が見える 第12回

2022年に世界&日本で最も使われたパスワード、ダークウェブで実際に流出しているのは……

NordPassが「2022年パスワードランキング」を発表した。知り合いの外国人ハッカーに聞いた、ダーク(闇)ウェブで実際に流出しているパスワードのデータと合わせて見ていこう。

ダーク(闇)ウェブで、実際に流出しているパスワード

筆者も、知り合いの外国のハッカーに、インターネットの奥深くにあるダーク(闇)ウェブで、実際に流出しているパスワードのデータについて聞いてみた。すると、流出している日本の電子メールで使われているパスワードの例を送ってきた。

実際に流出しているパスワードは……(画像はイメージ)

いくつか紹介すると、「jfkkgkkg」「poiuy」「rarara」「susan」「kazukun」「kano」「930314」「191969」「321708」「999999」などなど。どれもあっという間に破られてしまいそうなパスワードである。ただ実際に、日本のメールアドレスを持った人たちはこういうパスワードを使っている。
 

こう見ていくと、きちんとパスワードを設定することがいかに大事なのかが分かる。そこで日本人にはぜひ日本人らしいパスワードの覚え方を紹介したい。それは、文書にすることだ。
 

すでに実践している人も多いだろうが、文書をローマ字にしたものをベースに、大文字小文字と記号を入れたら、忘れにくい。例えば、「O-ke-uxebuhabenkyouninaru!2022」(オーケーウェブはべんきょうになる!2022)とすれば忘れない(はず)。
 

とにかく、シンプルなパスワードは控えた方がいい。家にきちんとした鍵をかけることで、盗みの被害に遭う可能性は大幅に減るのと同じことだ。それが現代の防犯であるという認識を持っていたほうがよさそうだ。


山田 敏弘プロフィール
ジャーナリスト、研究者。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版に勤務後、アメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)でフェローを経てフリーに。

国際情勢や社会問題、サイバー安全保障を中心に国内外で取材・執筆を行い、訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)、『サイバー戦争の今』(KKベストセラーズ)、『世界のスパイから喰いモノにされる日本 MI6、CIAの厳秘インテリジェンス』(講談社+α新書)。近著に『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)がある。

Twitter: @yamadajour、公式YouTube「SPYチャンネル


【おすすめ記事】
「iPhoneなら安全」は間違い! 誰もが注意すべきスマホのセキュリティリスクと対策
サッカー日本代表の活躍で沸くカタールW杯、世界ではなぜ批判されている?
トランプ前大統領のTwitterアカウント復活は、バイデン政権に向けたメッセージか
サイバー攻撃を受けた大阪の病院、患者の個人情報はどうなる? 交渉の余地は
なぜ日本が標的に? ロシア系のサイバー攻撃集団「Killnet」の目的とは


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応