『アトムの童』第8話 山﨑賢人、オダジョーと和解? 次週最終回に「気になる」「早すぎる」の声

12月4日に放送されたドラマ『アトムの童』第8話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります(画像出典:『アトムの童』公式サイト)。

山﨑賢人さん主演の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)が最終局面へ。12月4日に放送された第8話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

第8話のあらすじ

「宮沢ファミリーオフィス」による「SAGAS」の買収問題が浮上する中、「アトムの童」の技術を取り戻すため、宿敵・興津(オダギリジョー)のもとでゲーム開発をすると決めた那由他(山﨑賢人)。新作ゲームの開発に取り組むもアイディアが浮かばず行き詰まる中、興津は最後の頼みの綱である、大株主・伊原(山崎努)の元へ向かいます。
 

SAGASの経営権をめぐる闘いの雌雄を決する影響力を持つ伊原。彼は興津がSAGASを立ち上げた時から投資をしていた恩人である一方、シリアスゲームで台頭してきた隼人(松下洸平)とも懇意にしていました。那由他と決別し1人シアトルへ向かうはずだった隼人は、SAGASを潰し興津に復讐することを目的に宮沢ファミリーオフィス側へつくことに。
 

開発に行き詰まり、自身のゲーム部屋にこもっていた那由他を訪れた興津。ひょんなことから2人でゲームをするうちに、那由他は興津が本心から日本の技術を守りたいと思っていることを知ります。アトムの童を訪れ、SAGASのためではなくアトムのために力を貸してほしいと頭を下げる那由他。繁雄(風間杜夫)たちの協力を得てゲーム開発は進み、いよいよ運命の株主総会へ。
 

興津もまた、金儲けにばかり気をとられ人を大事にしてこなかったと回顧し、初心に戻る決意を伊原に宣言。しかし伊原の委任状は隼人の手から宮沢に渡った様子。さらに総会直前、警察が現れて興津を任意同行。興津不在の中、プレゼンに挑もうとする那由他。このゲーム、勝つのは――。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

次週いよいよ最終回! 軍配はどちらに上がるのか

決別した隼人との間接的な対決構図、興津と一緒にゲームをしながらのほのかな和解、アトムの仲間たちとの再タッグとテンポ良く進んだかと思いきや、興津に迫る最大の魔の手という急転直下の展開を迎え、ついに次週最終回。
 

Twitterでは「今さらイイ人風にされてもな興津社長だが、オダギリジョーだから納得してしまうっていう」「興津の良い人な部分を見ると予想以上にドキドキ。オダジョーの興津社長最高」「那由他と隼人って別れたりヨリを戻したりを繰り返すカップルみたい。早く元さやに戻って傑作ゲーム生み出してくれ」「隼人はひとりで闘ってるけど、どうするんだい?…いや、信じてる」「伊原が隼人の前で桃太郎を読んでいて言った『鬼の身にもなってみろ』が引っかかる」「ラストシーンの那由他、何を言おうとしてるのか気になる!」「もう来週最終回!?早すぎる」などさまざまなコメントが飛び交っています。
 

興津が警察に連行され、株主総会は大混乱に。壇上に上がる那由他は一体何を語るのでしょうか? アトムの技術、ひいては日本の技術を守るために興津とともに闘う那由他。敵は技術を市場開放するためSAGASの買収を仕掛ける大財閥。ゲーム業界の未来をかけた大勝負の軍配はどちらに上がるのか、12月11日放送の最終回に注目です。

 

『アトムの童』第9話(最終回) 12月11日放送予告



【バックナンバー】
『アトムの童』第7話 宿敵オダジョーの窮地にあらぬ反響「ゴミ箱ダイブすらスタイリッシュ」「魅力に抗えない」の声
『アトムの童』第6話 タイトルの意味回収に視聴者大興奮!「最高の展開」「しびれた」「さすが日曜劇場」の声
『アトムの童』第5話 衝撃ラストに悲鳴殺到! オダジョー邪悪&不可解な笑みに「顔芸、新境地」「香川化」の声
『アトムの童』第4話 山﨑賢人×松下洸平の口論&仲直りシーンに反響「尊い」「永遠見てられる」の声
『アトムの童』第3話 ファン心理を突いた山﨑賢人の台詞に反響「ヲタクに沁みる」「本望だな」の声
『アトムの童』第2話 山﨑賢人×松下洸平のタッグ再結成!『ストⅡ』を使った和解シーンにネット感涙
『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化