『アトムの童』第5話 衝撃ラストに悲鳴殺到! オダジョー邪悪&不可解な笑みに「顔芸、新境地」「香川化」の声

11月13日に放送されたドラマ『アトムの童』(TBS系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『アトムの童』公式サイト)。

山﨑賢人さん主演の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)が、11月13日放送の第5話で第1章終結。感動も束の間の衝撃ラストに視聴者から悲鳴が殺到しました。ストーリーをおさらいしつつ、話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

第5話のあらすじ

「アトム玩具」初のゲーム「アトムワールド」がようやく完成。販売に向けて配信サイトに申請を出すが、どのサイトからも審査で弾かれてしまい途方に暮れる那由他(山崎賢人)たち。そんな中、興津(オダギリジョー)から、「SAGAS」が運営する世界最大のゲーム配信サイトでゲームを扱わないかとの打診が。条件はアトム玩具の造形技術をSAGASに譲ること。那由他は当然断り、隼人(松下洸平)、海(岸井ゆきの)もそれに続きます。
 

自社サイトで細々と配信開始したものの、世間の話題は同日に発売されたSAGASの新作ゲームで持ち切り。体験会のイベントを開きノベルティのフィギュア「ゲッチャリロボ」を配るも、ゲームの売上は一向に伸びず。しかし、ゲッチャリロボが徐々に話題を集めたことで、那由他はキャラクター人気を高めてゲームに誘導するという策を思いつきます。
 

おもちゃ屋らしいアプローチで人気を高めていったアトムワールドは、ついに100万DLを突破。ジャパンゲーム大賞にもノミネートされたものの、大賞はSAGASの新作ゲームが受賞。肩を落とす那由他たちでしたが、ユーザー票が大きく影響するアジアゲームアワードでは見事大賞を受賞しました。
 

順風満帆に進んでいたと思われたアトム玩具。やよい銀行からの融資を返済し、他行へ借り換えをして心機一転を図ろうとする海に、支店長・小山田(皆川猿時)から非情な知らせが。小山田の策略によりアトム玩具はSAGASに買収され、土地も知的財産もすべてを奪われてしまい――。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

感動シーンからの衝撃ラストに悲鳴殺到

アトム玩具一同が苦心して育て上げた新作ゲームの成功。那由他、隼人、海が互いに「ありがとう」と言い合う感動シーンも束の間、買収されてすべてを失うという衝撃のラスト。
 

Twitterではトレンド1位を獲得し、「銀行がサガスに株式売った件、ちょっと納得いかん」「世論もサガスの敵に回るんじゃないの?」「あの銀行による差押え演出は法的に無理がある」「ええぇ…今までで一番最悪じゃん」「理不尽さにツラくなる。離脱しそうだな」など悲鳴が殺到。
 

また、ラストの一コマで邪悪な笑みを見せた興津には、「あの最後の笑い方なに?凄い。めっちゃムカつくのに凄いが先に来る」「最後の『シャァアアアッ!』面白過ぎ」「オダジョーの顔芸、新境地」「最後にオダギリジョーが香川化してる絶望さ」「超極悪人だな。似合うなオダジョー」「演技が天才すぎる」「関係ないけどイケメンすぎる」など話題が沸騰しています。
 

11月20日放送の第6話からは新章スタート。SAGASに買収され、すべてを失ったアトム玩具と那由他たちが、再び立ち上がる姿は見られるのでしょうか。ゲーム業界の覇権争いはより一層激しさを増す様子。那由他たちによる興津への逆襲に期待です。
 

『アトムの童』第6話 11月20日放送予告



【バックナンバー】
『アトムの童』第4話 山﨑賢人×松下洸平の口論&仲直りシーンに反響「尊い」「永遠見てられる」の声
『アトムの童』第3話 ファン心理を突いた山﨑賢人の台詞に反響「ヲタクに沁みる」「本望だな」の声
『アトムの童』第2話 山﨑賢人×松下洸平のタッグ再結成!『ストⅡ』を使った和解シーンにネット感涙
『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化