『アトムの童』第2話 山﨑賢人×松下洸平のタッグ再結成!『ストⅡ』を使った和解シーンにネット感涙

10月23日に放送されたドラマ『アトムの童』第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト)。

山﨑賢人さん主演、日曜劇場『アトムの童』(TBS系)が好スタート。10月23日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

第2話のあらすじ

海(岸井ゆきの)が率いる新生「アトム玩具」が始動。しかし那由他(山﨑賢人)からゲームのアイディアは一向に出てこず。海は「ジョン・ドゥ」再結成を促しますが、那由他は頑なに拒みます。新たなパートナーを探すため、那由他は海に連れられてゲームジャムのイベントへ。その会場で「ジョン・ドゥ」の相方・隼人(松下洸平)に遭遇するも、2人の間には未だ深い溝が横たわっていました。

海はネットゲームカフェの店長・森田(岡部大)を訪ね、2人の過去を聞きます。かつて「ジョン・ドゥ」としてゲームを制作していた那由他と隼人を誰よりも応援していたのが、親友の公哉(栁俊太郎)。しかし公哉の行動により那由他たちが作ったゲームが興津(オダギリジョー)のいる巨大IT企業「サガス」に横取りされ、責任を感じた公哉は自ら命を絶ってしまいました。

その事件をきっかけにゲームから離れた那由他。一方、サガスに就職しゲーム作りを続けた隼人。興津は新たなプロジェクトを「ジョン・ドゥ」の名でリリースするよう隼人に打診。隼人はかつて横取りされたゲームを「ジョン・ドゥ」に取り戻す代わりに、今後自分が作ったゲームの権利をすべて「サガス」に譲渡するという条件で契約を進めようとしていました。

その事実を知った那由他は、必死の思いで隼人を止めます。一度は那由他を振り切った隼人でしたが、心の底では那由他とまたゲーム作りをしたいという思いが渦巻いており、興津との契約を断りました。隼人もまた「アトム玩具」にジョインし、「ジョン・ドゥ」と「アトム玩具」のタッグが誕生。しかし、興津の魔の手は別の形で忍び寄り――。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

世界的伝説ゲーム『ストⅡ』が感動シーンに最高の味付け

第1話の段階で、敵か味方かネットが湧いていた隼人が早くも味方入り。Twitterでは「2人の対立で盛り上げるのかと思ったらあっさり和解。ここから本当の物語が始まるのかな」「対戦戦闘ゲーム『ストⅡ』をコミュニケーションツールとして上手く使った展開が感動的」「確執が根深かった2人が思い出の『ストⅡ』を少年のように遊んで和解はズルい。泣いちゃったよ」「『ストⅡ』すらやったことない興津は元クリエイターなのか敏腕経営者なのか、背景知りたいと思わせるオダジョー氏が素敵」など反響を呼んでいます。

また、「2話目にして面白くなってきた」「この先どんな波乱が待ってるの⁉」「男性陣がみんな魅力的。恋愛路線抜きにして、ひたすらサガスに仕返しする物語にしてほしい」「経理で興津の回し者が入ってきたけど、海社長、元銀行員として頑張ってほしい」など、今後の展開に期待する声も。

10月30日放送の第3話では、「ジョン・ドゥ」と「アトム玩具」がタッグを組んで10ヶ月後の物語が展開されます。ゲーム制作が軌道に乗った矢先、やよい銀行の小山田(皆川猿時)から融資金の即時返金を迫られるという危機に。小山田は興津の息がかかった人物。那由他たちは、投資家とゲームクリエイターをつなぐ大規模プレゼン大会にチャンスに賭けます。

今後もさまざま仕掛けられてくるであろう興津からの魔の手に、那由他たちがどう立ち向かっていくのか期待です。
 

『アトムの童』第3話 10月30日放送予告



【おすすめ記事】
『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声
「秋ドラマ期待度」ランキング! 3位『アトムの童』、2位『silent』、1位は?
松下洸平、山崎賢人とのツーショットで28歳誕生日を祝福! 「何!仲良しじゃん」「二人ともかっこいい」
「山崎賢人」がはまり役だったと思うドラマランキング! 2位『好きな人がいること』、1位は?
「期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『相棒 season21』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も